リモートワークでのコミュニケーションを活性化させるチャットボット「知性」がリリース

株式会社Xemonoは、コロナ禍で仕事のあり方が変化している現在の日本で、リモートワークでのコミュニケーションを活性化させるチャットbot「知性」をリリースすると発表した。

■知性botの概要

知性はトカゲロボットの姿をした会話bot。SlackやDiscordなどのチャットチャンネルに入れられると、メンバーのことばに反応して発言する。

「ちせい」と呼ぶと返事をする、メンバーの話し方を覚えてまねをする、数字を言うとその音数の詩を作ってくれる、など、さまざまな応答をしてくれる。

また、日報機能を備えており、仕事始めと仕事終わりに知性に話しかけて、その日の目標や進捗を書き込むと、定型の日報を作ってくれる。この日報は保存することができる。

■サービスの背景

新型コロナウィルス流行の影響で、多くの会社・コミュニティがリモートワークを導入した。しかし、リモートワークという新たな働き方では、それに伴った新たな問題が発生する。問題の一つは、社員・メンバー同士のコミュニケーションだという。

リモート環境では、コミュニケーションの手段としてチャットが導入される。しかし、チャットに書き込むメンバーもいれば、あまり書き込まないメンバーもいる。書き込まないメンバーの進捗はどうか、何かに悩んでいないか、確認するのは手間がかかるという。また、仕事に必要なことしか書き込まないので雑談が発生せず、メンバー同士の交流が促進されない、という問題もある。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「チャットボット」に関する記事

「チャットボット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「チャットボット」の記事

次に読みたい「チャットボット」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク