【中国デジタル企業最前線】中国デジタル巨人に学ぶ、事業変革のススメ前編 -バイトダンス・バイドゥ-

【中国デジタル企業最前線】中国デジタル巨人に学ぶ、事業変革のススメ前編 -バイトダンス・バイドゥ-
拡大する(全4枚)

コロナ禍以降、日本企業のデジタライゼーションは大きく進みました。ところがDXの本質でもある、事業変革の成功事例はまだまだほとんど見当たらないのが実情です。そんな日本企業を尻目に、大胆なデジタルシフトを進めているのが中国企業。中国版GAFAと言われている「BAT」や「TMD」※をはじめとし、すでに大きな成功を収めた企業も、その地位に甘んずることなく、常に新たな戦略を仕掛けています。そんな中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、バイトダンス、バイドゥ、アリババ、テンセントの取り組みを前後編でご紹介します。※BAT:B=Baidu、A=Alibaba、T=Tencent TMD:T=Toutiao(Bytedance)、M=Meituan、D=DiDi

ざっくりまとめ

- 世界で最も人気のSNSアプリ「TikTok」は、EC機能をさらに拡充。アプリ上での決済も可能に。

- 2021年度のライブコマース目標流通総額は8兆円。いずれはペイメント事業への参入も。

- 検索大手バイドゥは創薬事業に参入。傘下の百図生科は数億ドル規模の資金調達に成功。

- バイドゥ創業者である李 彦宏氏のリーダーシップのもと、関連領域へのさらなる投資が見込まれる。

全世界ダウンロード数No.1。絶好調TikTokの次なる一手とは?

バイトダンスが手がける「TikTok」(中国国内では「抖音」)は、今や名実ともに世界で最も人気のあるSNSアプリの一つです。2021年上半期もその勢いは衰えず、App StoreとGoogle PlayでのTikTok及び抖音のダウンロード数は3.83億回。全世界ダウンロード数No.1アプリの地位を守りました。さらに7月には、2014年1月からの累計ダウンロード数が、30億回を突破。これまで30億のダウンロード数を超えたアプリは「

この記事の画像

「【中国デジタル企業最前線】中国デジタル巨人に学ぶ、事業変革のススメ前編 -バイトダンス・バイドゥ-」の画像1 「【中国デジタル企業最前線】中国デジタル巨人に学ぶ、事業変革のススメ前編 -バイトダンス・バイドゥ-」の画像2 「【中国デジタル企業最前線】中国デジタル巨人に学ぶ、事業変革のススメ前編 -バイトダンス・バイドゥ-」の画像3 「【中国デジタル企業最前線】中国デジタル巨人に学ぶ、事業変革のススメ前編 -バイトダンス・バイドゥ-」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク