富士通、世界9カ国のビジネスリーダーを対象とした「グローバル・デジタルトランスフォーメーション調査レポート 2021」を公開

富士通、世界9カ国のビジネスリーダーを対象とした「グローバル・デジタルトランスフォーメーション調査レポート 2021」を公開
拡大する(全1枚)

富士通株式会社は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の世界的な動向・実態把握を目的に、世界9カ国の経営層や意思決定者1,200名を対象とした調査を実施し、その分析結果を「Fujitsu Future Insights グローバル・デジタルトランスフォーメーション調査レポート 2021」として公開したと発表した。

5回目の調査となる今回は、企業が新型コロナウイルスのパンデミックがもたらした変化にどのように対応したのか、パンデミック後の新たな世界の優先課題をどのようにとらえているのかについて、調査分析を実施した。さらに、分析結果からパンデミックに効果的に対応できた要因を明らかにし、パンデミック後のビジネスを検討する上での必要不可欠な組織の能力や、重要と思われる傾向と洞察を導き出したとのことだ。

■背景

新型コロナウイルスのパンデミックによって、生活や働き方、そしてビジネス環境は一変した。多くの人や企業がそれまでのやり方を変えざるを得なくなる中で、その対応と成果に多くの違いが出てきた。さらに、デジタル化が加速する中で、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進力も一層問われている。そのような背景を踏まえて、今回は世界のビジネスリーダーによるパンデミックへの対応とパンデミック後の世界における経営の優先課題に関する意識調査を実施したとのことだ。

■調査サマリー

1. 企業はパンデミックにどのように対応したのか?
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク