GMOメディア、「2020年 子ども向けプログラミング教育市場調査」の結果を発表 市場規模は2025年に約300億円まで拡大

GMOメディア、「2020年 子ども向けプログラミング教育市場調査」の結果を発表 市場規模は2025年に約300億円まで拡大
拡大する(全2枚)

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社が運営する、プログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO(以下、コエテコ)」は、経営コンサルティングサービスを展開する株式会社船井総合研究所(以下、船井総研)と共同で、「2020年 子ども向けプログラミング教育市場調査」を実施した。本調査では教室数と教材費、毎月支払われる受講料から「子ども向けプログラミング教育市場」の規模予測を算出している。

■子ども向けプログラミング教育市場は5年後の2025年に約300億円まで拡大

プログラミング教育市場は、2020年からの「小学校でのプログラミング教育必修化」を背景に、大きく成長が見込める市場として引き続き注目を集めている。文部科学省では2021年度から開始する「大学入学共通テスト」において、プログラミングを扱う情報科目(情報Ⅰ)を2024年度から導入することを検討している。また、昨今の社会や企業のIT化の進行にともない、需要の高まるIT人材に対して好待遇化を進める企業もある。こうした背景から、市場全体におけるプログラミング教育の価値が浸透してきているといえる。

2020年の子ども向けプログラミング教育市場規模はさらに拡大し、2019年比123%の139億9,600万円となる予測。この傾向は2025年も続き、2025年には2020年の2倍超の292億2,600万円となる予測だ。
GMOメディア、「2020年 子ども向けプログラミング教育市場調...の画像はこちら >>

via プレスリリース

この記事の画像

「GMOメディア、「2020年 子ども向けプログラミング教育市場調査」の結果を発表 市場規模は2025年に約300億円まで拡大」の画像1 「GMOメディア、「2020年 子ども向けプログラミング教育市場調査」の結果を発表 市場規模は2025年に約300億円まで拡大」の画像2

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「プログラミング」に関する記事

「プログラミング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プログラミング」の記事

次に読みたい「プログラミング」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日のIT記事

キーワード一覧

  1. プログラミング アプリ

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。