コロナ禍で約7割の企業が「売上高2〜4割減」、9割が「営業活動に遅れ」 DXを推進できている「DX先行派」企業はわずか3%にとどまる

株式会社エクサウィザーズは、同社が運営する「exaCommunity」(以下、エクサコミュニティ)のオンラインAIセミナー参加企業を対象にした新型コロナに関するアンケートを5月8日(木)に実施し、290社411名から回答を得た。

コロナ禍で約7割の企業が「売上高2〜4割減」、9割が「営業活動に遅れ」 DXを推進できている「DX先行派」企業はわずか3%にとどまる

via プレスリリース
コロナ禍で約7割の企業が「売上高2〜4割減」、9割が「営業活動に遅れ」 DXを推進できている「DX先行派」企業はわずか3%にとどまる

via プレスリリースエクサウィザーズではこれまで、4月22日(水)にも新型コロナに関するアンケートを企業に実施。多くの企業が「新型コロナの会社への影響は1年以上続く」と回答し、業務のリモート化は進んでいる一方で「本格的なDX推進・AI活用は2割」にとどまることがわかっていたという。

今回のアンケートではさらに調査対象を拡大し、会社規模は中小企業から大企業まで290社、事業部門やDX部門を中心に、役職は部門担当者から経営者まで幅広く回答を得た。そして前回のアンケートと同様、各企業ともにコロナ禍で甚大な影響が及んでいることやリモートワークなど足下の対応が進んでいることがわかるとともに、経営戦略の見直しや投資計画など、各企業の事業変革の取り組みにはさまざまな違いが出始めていることが明らかになった。

■回答結果を5段階に分類、「DX先行派」企業はわずか3%にとどまる

コロナ禍で約7割の企業が「売上高2〜4割減」、9割が「営業活動に遅れ」 DXを推進できている「DX先行派」企業はわずか3%にとどまる

via プレスリリース
コロナ禍で約7割の企業が「売上高2〜4割減」、9割が「営業活動に遅れ」 DXを推進できている「DX先行派」企業はわずか3%にとどまる

via プレスリリースエクサウィザーズでは今回のアンケート結果を企業ごとに集計し、「戦略・戦術」「投資スタンス」「デジタル成熟度」の3つの視点でそれぞれ3段階に評価することで、Afterコロナに向けた自社の取り組み状況を診断できる簡易アセスメントを開発。取り組みの進捗度によって、「DX先行派」「DX着手」「To Be型」「To Do型」「漂流型」の5段階に企業を分類したところ、DXを積極的に推進できている企業はわずか3%にとどまることがわかった。

あわせて読みたい

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。