「バーチャルオフィスの実態調査」が実施 メリットの1位は「ランニングコストを抑えられる」

「バーチャルオフィスの実態調査」が実施 メリットの1位は「ランニングコストを抑えられる」
拡大する(全4枚)

株式会社ゼニスは、バーチャルオフィス利用者を対象に「バーチャルオフィスの実態調査」を実施し、結果を発表した。

■業種別バーチャルオフィスを使い始めた理由

はじめに、バーチャルオフィスを使い始めた理由を業種別に聞いた。

バーチャルオフィスを使い始めた理由
卸売り・小売業の場合
・匿名性を守るため(30代/女性/卸売・小売業)
・コスト削減(50代/男性/卸売・小売業)

技術サービス業の場合
・コスト削減による事務所移転のため(30代/男性/技術サービス業)
・リモートワークが推奨されたから(40代/男性/技術サービス業)

IT・コンピュータ業の場合
・家賃を減らすため(40代/男性/IT・コンピュータ業)
・自宅兼事務所以外の住所が必要なため(50代/男性/IT・コンピュータ業)

自宅などの住所を使用せずに済むためプライバシーを守れて、固定費も抑えられるといった理由からバーチャルオフィスを利用している人が多いようだ。

バーチャルオフィスをどのくらいの期間利用する人が多いのか。
「バーチャルオフィスの実態調査」が実施 メリットの1位は「ラ...の画像はこちら >>

via プレスリリース「どのくらいの期間バーチャルオフィスを使っていますか?」と質問したところ、『1か月未満(24.8%)』『1か月以上~半年未満(49.4%)』と半年未満と回答した人が多いことが分かった。

短期間での利用や、業務内容によっては長い間利用することができるので便利だ。今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレワークを実際に経験したことで、オフィスを持たない働き方を企業でも個人でも進めているのかもしれない。

この記事の画像

「「バーチャルオフィスの実態調査」が実施 メリットの1位は「ランニングコストを抑えられる」」の画像1 「「バーチャルオフィスの実態調査」が実施 メリットの1位は「ランニングコストを抑えられる」」の画像2 「「バーチャルオフィスの実態調査」が実施 メリットの1位は「ランニングコストを抑えられる」」の画像3 「「バーチャルオフィスの実態調査」が実施 メリットの1位は「ランニングコストを抑えられる」」の画像4

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。