みずほ信託銀行、プライベートデータ信託の取扱いを開始 「プライベート情報」をデジタル上で安全な環境へ預けられる

みずほ信託銀行株式会社は、2020年7月10日、プライベートデータ信託「未来への手紙」の取り扱いを開始すると発表した。

本サービスは、委託者の『プライベート情報』の預託をWEB経由で受け、予め指定した受取人へ相続時(一部は、契約締結以降、いつでも)に渡す、非対面によるサービスだ。本サービスにおいて、委託者は、大切な『プライベート情報』をスマートフォン、パソコン、タブレット端末を経由して、みずほグループのセキュリティ基準を充足した安全な環境へといつでも預けることができ、同社は、もしものときに指定受取人に渡す。

<商品イメージ>
みずほ信託銀行、プライベートデータ信託の取扱いを開始 「プライベート情報」をデジタル上で安全な環境へ預けられる

via プレスリリース<商品の概要>
販売対象(委託者)
個人(利用にはみずほ銀行の普通預金口座保有が必要)

指定受取人
・原則として委託者の推定相続人(ただし、遺言執行者や相続財産受贈者・受遺者である場合や、推定相続人がいない場合はその限りではない)
・最大5名まで登録可能

預かることのできるプライベート情報
(1)相続前の情報
医療・介護、遺言、葬儀や墓、もしものときの希望・要望の 4 項目の情報
(2)相続後の情報
財産情報、委託者だけが把握している情報(大切なものの保管場所、契約情報、デジタル遺品など)、大切な人へのメッセージなどの 17 項目の情報
(3)その他データファイル
その他、各種データファイルの添付が可能

手数料
・申込手数料:3,900 円(税込 4,290 円)
・利用手数料:年間 6,000 円(税込 6,600 円)【ひと月あたり 500 円(税込 550 円)】

あわせて読みたい

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。