福岡市、ビーコン技術を活用した認知症の人の外出見守り・支援実証事業を実施へ

福岡市、ビーコン技術を活用した認知症の人の外出見守り・支援実証事業を実施へ
拡大する(全1枚)

福岡市と九州電力送配電株式会社は、人生100年時代を見据えた持続可能なまちをつくるプロジェクト『福岡100』の新たな取組みとして、「ビーコン技術を活用した認知症の人の外出見守り・支援実証事業」を2020年11月1日から実施すると発表した。

福岡市では、令和元年度より「IoTを活用した子ども見守り事業」を開始し、ビーコンの電波を受信できる基地局などを市内全域に構築中だ。今回、今後大幅な増加が見込まれる認知症の人の見守り・支援を目的として、本システムを活用した実証事業を実施する。本事業を通じて、認知症の人が住み慣れた地域で暮らし続けることができる環境づくりにつなげるという。

■見守りシステムの仕組み

①認知症の人(見守り対象者)が携帯するビーコン端末(見守り端末)が、ビーコン信号を発信
②地域に整備した見守りポイントが、見守り端末のビーコン信号を受信
③見守りポイントで検知した高齢者の位置情報を高齢者施設の職員や家族に提供
福岡市、ビーコン技術を活用した認知症の人の外出見守り・支...の画像はこちら >>

via プレスリリース

■共同事業の具体的な内容

(1)実施体制について
本事業は、保健福祉分野の行政課題の解決につながる提案を企業等から募集する「福岡100行政課題解決事業(福岡100×mirai@)」において採択したもので、九州電力送配電株式会社と福岡市保健福祉局の共同実施事業。

(2)主な役割分担
・九州電力送配電株式会社
機器の設置
見守りの実施・運用
実施前後のアンケート調査
実績報告
・福岡市

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月9日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。