AWS、工業・製造業向けに5つの機械学習サービスを発表

Amazon.com, Inc.の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.(AWS)は、「AWS re:Invent」にて、Amazon Monitron、Amazon Lookout for Equipment、AWS Panorama Appliance、AWS Panoramaソフトウェア開発キット(SDK)、Amazon Lookout for Visionを発表した。

この5つの新しい機械学習サービスはいずれも、工業や製造業の顧客が生産工程にインテリジェンスを組み込むことができるサービスで、業務効率、品質管理、セキュリティ、職場の安全性の向上に活用できる。これらのサービスは、高度な機械学習、センサー解析、コンピュータビジョンの機能を組み合わせ、工業や製造業の顧客が抱える共通の技術的な課題に対応し、現在利用可能なクラウドからエッジまでの産業向け機械学習サービスを提供する最も包括的な製品群だ。これこそ、何十万もの顧客がAWSの機械学習サービスを選び、様々な業界のあらゆる規模の顧客がAWSの提供する機械学習サービスを事業戦略の中核に据えている理由だという。

より多くの企業が、製造工場、配送センター、食品加工工場などの現場に機械学習サービスの導入を検討している。こうした顧客にとって、データは自社の複雑な生産工程を密接につなぎ合わせる役割を果たしている。たとえ小さな問題でも、予期しない大きな問題になりかねないため、各生産工程は、通常密接に連携しており、わずかな許容誤差で運用されている。施設内で運用している機器のデータを分析することで、顧客がこの課題に対応するのに役立つ。多くの顧客はAWS IoT SiteWiseのようなサービスを活用して産業用機器からデータを収集し、パフォーマンスメトリックをリアルタイムで取得してきた。産業データの収集と分析にクラウドを使い始めた顧客は、データを有効に活用し、業務効率をさらに高めるために機械学習を組み込む方法はないかと模索し始めた。コストを削減し、業務効率を高めるために、機械学習を使って予知保全の実現に役立てたいと望む顧客もいれば、インターネットに接続していない場合や、レイテンシーを極力減らすことを重要視する場合に、エッジでコンピュータビジョンを使用し、製品の欠陥を見つけ、職場の安全性を高めたいと望む顧客もいる。こうしたニーズや機会の変化の中で、製造業の企業はAWSに、クラウド、産業用エッジ、機械学習を一緒にまとめて活用し、製造現場で生成される莫大な量のデータからさらに多くの価値を得る方法を期待しているとのことだ。

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Amazon」に関する記事

「Amazon」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Amazon」の記事

次に読みたい「Amazon」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク