40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開

40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開
拡大する(全7枚)

アデコ株式会社は、上場企業に勤務する、40代から50代の管理職(部長職・課長職)800名を対象に、「AI(人工知能)導入に関する意識調査」を実施し、結果を発表した。

■調査結果詳細

【AI導入に関する意識】
AI導入状況:半数以上が「導入済」または「3年以内の導入予定」
上場企業に勤務する、40代から50代の管理職800名を対象に、勤務先でのAIの導入状況を質問したところ、4分の1にあたる25.6%が「すでに導入している」と回答した。また、「3年以内に導入を予定している」という回答も27.0%あり、半数以上は導入済または導入予定であることがわかった。
40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に...の画像はこちら >>

via プレスリリースAI導入における課題感:導入をリードできる人財、AIを扱える人財が不足している
勤務先でAI導入にあたり、直面している課題について質問したところ、最も多かった回答は「導入をリードできる人財がいない」で、次いで「AIを扱える人財がいない」という回答が多く、職場におけるAI人財の不足が課題感としてあることがわかった。また、「AIに学習させるデータがない・整備されていない」という回答も多く、導入環境の整備が進んでいない状況が伺える。
40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開

via プレスリリース日本社会におけるAI導入の必要性:7割以上が、日本の国際競争力の維持や利便性向上にAIが必要と認識
日本が抱える課題に関してAIの導入が必要であると思うかを質問したところ、日本の国際競争力の維持については、「とても必要」(35.0%)、「まあ必要」(37.3%)の合計が72.3%で、7割以上の人が必要性を感じていると回答した。また、最も必要性のポイントが高かったのは利便性向上で、「とても必要」(28.6%)、「まあ必要」(45.3%)の合計が73.9%だった。身近な生活用品にもAIが導入されるようになり、その利便性について実感していることが伺える。

この記事の画像

「40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開」の画像1 「40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開」の画像2 「40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開」の画像3 「40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開」の画像4
「40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開」の画像5 「40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開」の画像6 「40代から50代の管理職を対象にした「AI(人工知能)導入に関する意識調査」が公開」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「人工知能」に関する記事

「人工知能」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「人工知能」の記事

次に読みたい「人工知能」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク