トレタとタイミー、外食DXを推進し飲食店の人材戦略・採用戦略のアップデートを目指し業務提携

飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」を開発・販売する株式会社トレタは、株式会社タイミーと飲食店経営における課題解決を目的とした業務提携を締結したと発表した。本業務提携により、外食DXをさらに推進し、飲食店における人材戦略・採用戦略をDX時代に即したものへとアップデートすることで、労働人口の減少にも対応できる新しい飲食店経営の実現を目指すとのことだ。

株式会社トレタでは、飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」による業務効率化からさらに踏み込んで、飲食店の電話予約をAIで自動受付する「トレタ予約番」や、飲食店向け店内モバイルオーダー「トレタO/X」などのサービス提供により外食DXを推進している。たとえば、飲食店のオンライン予約が普及した現在でも、全予約の過半数を電話予約が占めているが、電話応対のAI化によって、電話応対にかかっていた業務負荷が大幅に軽減できる。店内モバイルオーダーの導入により、ホールスタッフの業務の大半を占めていたオーダー業務や会計業務が不要となり、ホールスタッフはこれまでの膨大な作業から解放され、本来のおもてなしや接客に専念できるようになる。

外食DXが浸透し、ホール業務の多くがデジタルに置き換わると、ホールスタッフに求められる役割が大きく変わることは間違いないという。これまでは、予約の電話応対や配席などのスキルや、自店のメニュー情報を事細かに暗記して来店客に提案する能力、オーダーをミスなく厨房に伝える正確さや、POSや決済端末を使った会計業務を習得するなど、熟練の技や暗記力が不可欠だったため、新人スタッフの戦力化のためには一定期間のトレーニングが必要だった。ところが、トレタ予約番やトレタO/Xを活用し、外食DXが進んだ飲食店では、熟練の技や暗記力といったスキルがほぼ不要になることが実証されているという。その一方で、「雑談力」など来店客とのコミュニケーションスキルが求められるようになりつつあるとのことだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク