エアモビリティ社、米・「空飛ぶクルマ 」メーカーBartini社との独占販売契約に基本合意

エアモビリティ社、米・「空飛ぶクルマ 」メーカーBartini社との独占販売契約に基本合意
拡大する(全4枚)

「空飛ぶクルマ(eVTOL)」の販売やサービスのためのプラットフォームを開発するエアモビリティ株式会社は、米国の「空飛ぶクルマ」メーカーであるBartini(バルティーニ)社と独占販売契約に基本合意したと発表した。

Bartini社は、伝統的な旧ソ連の航空技術をベースとして米国にて2017年に設立された。Bartini社の機体は、高いエネルギー効率や冗長性、省スペースでの離着陸などに特徴があり、大幅な運用コストの削減を達成できると期待されているという。

また、電池と水素燃料によるハイブリッドエンジンを採用することで、Bartini社の機体は、バッテリー単体駆動の機体に比べて最大約4倍の航続距離を達成できる。空気力学的に洗練された形状を持つキャビンは、飛行効率の向上によるコストダウンを実現するだけでなく、エレガントなデザインや、キャビン内の快適性をも実現する。また、プロペラは遮蔽されることで安全も担保しつつ、より速く、よりクリーンな移動を可能にする。

Bartini社では、長年、民間航空会社向けに旅客機を製造・認証してきた確かな実績を持つ航空技術者チームを保有。同社の技術をベースにした「空飛ぶクルマ」が、地上交通の混雑、汚染、疲労、長さ、複雑さなど、従来のモビリティの課題を解消できるものと確信しているという。Bartini社は、2025年に販売を開始する予定とのことだ。

■Bartini社の「空飛ぶクルマ」詳細


この記事の画像

「エアモビリティ社、米・「空飛ぶクルマ 」メーカーBartini社との独占販売契約に基本合意」の画像1 「エアモビリティ社、米・「空飛ぶクルマ 」メーカーBartini社との独占販売契約に基本合意」の画像2 「エアモビリティ社、米・「空飛ぶクルマ 」メーカーBartini社との独占販売契約に基本合意」の画像3 「エアモビリティ社、米・「空飛ぶクルマ 」メーカーBartini社との独占販売契約に基本合意」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク