株式会社アノマリーは、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)との資本・業務提携について2022年5月20日に契約が完了したと発表した。また同時に、資本提携としてドコモを引受先とする第三者割当増資4.5億円を実施した。

現在ダンス市場は、国内ではダンス科目の必修化(2012年施行~)・プロリーグの勃興、世界ではSNSダンスコンテンツの充実やオリンピック競技化などにより、国内外で急拡大しているという。これまで「DANCE ALIVE」シリーズなど様々なオフラインプロデュースを行なってきたアノマリーは、ダンスマーケットの確立とダンサーの権利を守るための知財化を目指してきた。一方ドコモは、XR事業として様々なジャンルのコンテンツが気軽に体験可能なマルチデバイス型メタバース「XR World」を通じて、バーチャル空間ならではのコミュニケーションを提供している。

今回の資本・業務提携により、ドコモの持つXR技術とダンスが組み合わさることでメタバース空間(VR)とリアル空間(AR・MR)双方のダンスコミュニティ事業を推進する。具体的な取り組みとして様々なダンスモーションやダンスコンテンツをメタバース上で展開し、ダンスカルチャーを通じたコミュニケーションを、より多くの人が体感することを目指す。

第二創業期を迎え、アノマリーのデジタル・グローバル戦略の一手のため、創業19年目にして初めての第三者割当増資を実施することとなったとのことだ。