「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始

「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始
拡大する(全7枚)

ミドルマン株式会社は、2021年10月1日に法務省から裁判外紛争解決手続き(ADR)機関の認証を取得し、10月4日、『オンライン完結型調停機関 Teuchi』として民事家事のトラブル解決サービスの受付を開始すると発表した。すべての手続きがスマホで完結する次世代型の「バーチャル裁判所」を目指す。

■ADR認証取得の背景・目的

・裁判が紛争解決ニーズに応えられていない現状
対面が原則の裁判の利用者数は10年前より大幅に減少しているという。「二割司法」という言葉が示す通り、一生のうちに裁判を経験する人が元々それほど多くはないことに加え、様々な業界で新しいオンラインサービスが次々に誕生する中で、裁判がオンライン化に乗り遅れているために市民から見放されつつあり、さらに新型コロナウイルスによる行動様式の変化により、その傾向は一段と加速していると思われるとのことだ。しかし、一生のうちに大なり小なりなんらかのトラブルに見舞われ、自主的もしくは法的に解決する必要が生じた経験については、ほとんどの人があるかもしれない。消費生活センターや弁護士会などに持ち込まれる法律相談数がこの10年、150万件前後で推移し高止まりしている現状は、市民の紛争解決ニーズが衰えていないことを表しており、さらにデジタルプラットフォームを介した微額取引に伴う「マイクロクレーム」の急増によって、ニーズの潜在化が一層進行していることも想定されるとのことだ。

この記事の画像

「「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始」の画像1 「「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始」の画像2 「「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始」の画像3 「「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始」の画像4
「「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始」の画像5 「「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始」の画像6 「「バーチャル裁判所」を目指すオンライン完結型調停機関「Teuchi」が提供開始」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク