株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)と日本テクトシステムズ株式会社は、DeNAが日本テクトシステムズをグループ会社とする株式交換に合意したと発表した。

高齢化率が世界トップの日本では、2025年には65歳以上の人口が30%を超える見込みだ。それに伴い認知症の人も増加しており、2025年には65歳以上の認知症の有病率は約5人に1人となると言われているという。健康寿命を延伸するためには、認知機能の変化の把握など、早期の段階で適切に対応し、個人や家族だけでなく社会全体で環境づくりを行う必要がある。

DeNAのヘルスケア事業では、健康寿命の延伸に向け、エンターテインメント領域で培ったノウハウやインターネットやAIの技術を活かし、健康増進・行動変容を促すサービスや、蓄積されたデータによるエビデンス創出に取り組んできた。ヘルスケアエンターテイメントアプリ「kencom」の提供や、株式会社データホライゾンとの資本業務提携等を通じ、自治体や高齢者向けのサービス拡充に注力している。

一方、日本テクトシステムズは、「~for peaceful aging~」をコーポレートメッセージに掲げ、すべての人が安心して齢を重ねられる環境、認知症の人も穏やかに過ごしてゆける社会を目指し、20年以上にわたり高齢者・認知症領域において事業を展開している。自治体等での活用も進む、声による認知機能みまもりツールの「ONSEI」や、高齢者運転免許更新時の認知機能検査のデジタルトランスフォーメーションを実現する「MENKYO」など、社会課題解決に向けて、プログラム医療機器やヘルスケアアプリを提供している。