【トラベルテック4選】コロナ禍で激変する観光・旅行業界のDX最新事情
拡大する(全4枚)
(51892)

「その変革に勇気と希望を」というコンセプトを掲げ、さまざまな企業のデジタルシフトに関する取り組みやサービスの背景をお届けするデジタルシフトタイムズ。その数ある記事のなかから、編集部独自の観点で「まず読んでほしい!」記事を厳選する特集企画。今回は、ゴールデンウィークを前に、観光・旅行にまつわる記事を四つご紹介します。コロナ禍で大打撃を受けた観光・旅行業界に、回復の兆しがみえつつあるようです。先日発表されたJTBの旅行動向アンケートによると、今年のゴールデンウィークに一泊以上の国内旅行を行う人は前年比68.4%増の1,600万人(コロナ禍前の2019年は約2,401万人で、7割弱に回復見込み)と予測されています。そんな観光・旅行業界では、コロナ禍で社会が大きく変化したことを受け、デジタルシフトが加速しています。コロナ禍に生まれた、観光・旅行業界の変化とデジタルシフトの事例をお届けします。

逆張りの海外旅行業界を選択した創業者がつくる、海外旅行予約アプリ「NEWT」

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX
【トラベルテック4選】コロナ禍で激変する観光・旅行業界のDX...の画像はこちら >>

コロナ禍で誕生した「海外旅行業界のDX」に挑戦する令和トラベル。先日、海外旅行予約アプリ「NEWT(ニュート)」のサービス提供が開始されました。創業者の篠塚氏は、デジタル化が遅れていたパッケージ旅行予約に「日本独自のレガシーなビジネスモデルでも、中身はきわめてモダンに提供していける」と語っています。創業者として重視することとは? プロダクト開発で大切にしていることとは? DXを進める上での課題とは?

この記事の画像

「【トラベルテック4選】コロナ禍で激変する観光・旅行業界のDX最新事情」の画像1 「【トラベルテック4選】コロナ禍で激変する観光・旅行業界のDX最新事情」の画像2 「【トラベルテック4選】コロナ禍で激変する観光・旅行業界のDX最新事情」の画像3 「【トラベルテック4選】コロナ禍で激変する観光・旅行業界のDX最新事情」の画像4