デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

まずはデジタルシフトやDXという言葉を誰もが当たり前に使うようになりましたよね。今、ほとんどの企業が「自分たちもDXしなくては」という危機感を抱えているはずです。おそらくその背景には、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあるのでしょう。多くの企業がなんらかの形で事業のデジタル化を余儀なくされました。そういう意味ではDXに対する意識が、急激に高まった1年だったと思います。

一方で、多くの企業が「DX」というワードを使いながらも、実際のニーズはDXの手前にあるデジタライゼーション*に集中していることも浮き彫りになりました。デジタルを前提にビジネスモデルを変革していくことがDXの本来の意味ですが、ほとんどの企業はデジタル化による業務の効率化がまだ終わっていない。日本では、まだまだしばらくこのフェーズが続くのかな、というのが正直な実感です。
*プロセスのデジタル化のこと

——野内さんから見て、DXで成果を出していると感じる日本企業はありますか?

大手企業はかなり大規模な予算を組んで、DXに取り組み始めていると思います。ただし「これぞビジネスモデルの変革だ!」と言えるような成功事例は、これからというステータスなのではないでしょうか。例えば、これまでリアルな場でモノを売っていた企業がECに参入したとして、それはデジタライゼーションではありますが、DXではありません。海外では「アズ・ア・サービス」と呼ばれるように、「モノのサービス化」によって事業変革を実現した企業が生まれつつあり、これこそがDXの本丸だというのが私の持論なのですが、日本ではそうした動きがまだまだ活発化していないように思います。

この記事の画像

「デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?」の画像1 「デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?」の画像2 「デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?」の画像3 「デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?」の画像4
「デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク