DX乗り遅れからのV字回復、アシックスのDX成功の舞台裏を追う
拡大する(全4枚)
ASICS Runkeeper

日本を代表するスポーツブランドにして、フィットネスアプリ「ASICS Runkeeper™ 」や、会員サービス「OneASICS™」などをはじめとするデジタルを活用した施策も功を奏し、コロナ禍にありながらV字回復を成し遂げたアシックス。中期経営計画2023で「デジタルを軸にした経営への転換」を戦略目標として掲げる同社の常務執行役員デジタル統括部長CDO・CIOを務める富永 満之氏に、アシックス流のDX戦略についてお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- グローバル化に成功したが、テクノロジーを導入したD2Cへのシフトに乗り遅れたことが、本格的なDX推進のきっかけとなった。

- DXにより顧客とのタッチポイントを増やし、ランナーの参加レース決定からトレーニングアドバイスまでをアシックスが支援することで、ランニングのエコシステムを構築し、プロダクトの購入につなげていく。

- エコシステムはキッズやテニスにも応用して、パーソナライズされたサービスを提供する先駆的なスポーツブランドを目指す。

デジタルを軸にした経営で、ECおよびD2Cの乗り遅れを挽回

——中期経営計画2023の戦略目標として「デジタルを軸にした経営への転換」を掲げていますが、この背景を教えてください。

あらためて企業概要から説明させてください。アシックスは前身の鬼塚株式会社の誕生から70年以上の歴史を持つスポーツメーカーで、アパレルからランニングシューズや、テニスシューズをはじめとした競技用シューズなどの製品を手がけています。2002年以降はファッションブランドのオニツカタイガーや、スポーツシーンだけでなく日常でカジュアルに着用できるスポーツスタイルなどにもフォーカスしています。その他にも、低酸素環境下トレーニング施設「ASICS Sports Complex TOKYO BAY」なども運営しています。70年超の歴史のなかで、最初の40年は日本のマーケットが主力でした。グローバル化が一気に進んだのは20年ほど前からで、アメリカ、ヨーロッパに始まって、今はオセアニア、東アジア、東南・南アジア、中東地域などでもビジネスを展開しています。

この記事の画像

「DX乗り遅れからのV字回復、アシックスのDX成功の舞台裏を追う」の画像1 「DX乗り遅れからのV字回復、アシックスのDX成功の舞台裏を追う」の画像2 「DX乗り遅れからのV字回復、アシックスのDX成功の舞台裏を追う」の画像3 「DX乗り遅れからのV字回復、アシックスのDX成功の舞台裏を追う」の画像4