LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」、メタバースプラットフォーム「ZEPETO」のコレクションNFTの基盤技術に採用

LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」、メタバースプラットフォーム「ZEPETO」のコレクションNFTの基盤技術に採用
拡大する(全1枚)

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は、アジア最大のメタバースプラットフォーム「ZEPETO(ゼペット)」から販売されるNFTの基盤技術に、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」が採用されたと発表した。今後は「LINE BITMAX Wallet NFTマーケットβ」における二次流通も予定しているという。

世界中で2.5億人以上のユーザーを誇るアジア最大のメタバースプラットフォーム「ZEPETO」からZEPETO WORLDにおける桜のデジタルデータ「ZEPETO WORLD 桜 1-12」が2021年11月25日より販売開始されることが発表された。ZEPETOが国内でNFTを販売するのは今回が初めて。本NFTの基盤技術には、LINEが独自開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」が採用されている。

NFTマーケット等で購入したNFTアイテムは専用ウォレットで取り扱う必要があるが、ウォレットの開設プロセスは複雑で煩雑な秘密鍵の管理が伴う等の課題があったという。「LINE Blockchain」基盤のNFTは、国内8,900万人が利用する「LINE」のアカウントですぐに登録できるデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保管ができるため、ユーザーは簡単にNFTアイテムを取り扱うことができるとのことだ。

■「ZEPETO WORLD 桜 1-12」概要

販売日時:2021年11月25日
販売場所:NFT Studioにて提供
販売数: 各100枚/12種類
LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchai...の画像はこちら >>

via プレスリリース
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク