スナックのママをAI化したお悩み相談チャットボット「よしこ」、青山商事へ提供開始

スナックのママをAI化したお悩み相談チャットボット「よしこ」、青山商事へ提供開始
拡大する(全1枚)

株式会社空色が開発するチャットサービス「WhatYa」は、青山商事株式会社に、新型コロナウィルスでストレスや悩みを抱えるビジネスパーソンをサポートする新たな取り組みとして、スナックのママたちの聞き上手さやアドバイスをビックデータ化し、いつでもどこでも悩みを聞いてくれるAIチャットボット「スナック よしこ」をサービス開発し提供したと発表した。

■背景

青山商事では、利用者の声に向き合い、得られたインサイトから新しい商品やサービスの開発を進めており、悩みを開放する場をつくりたいという思いで、社会進出後の働く若者をサポートするサービスを開始したとのことだ。

■スナックのママの温もりを感じるチャットボット

空色では、2020年11月から洋服の青山オンラインストアでチャットサービスの提供を開始しており、今回は“働く若者のストレスや悩みを解放する場”として「スナックよしこ」を新たに開発提供したという。
スナックのママをAI化したお悩み相談チャットボット「よしこ」...の画像はこちら >>

via プレスリリース人には、家族にも、友人にも言えない悩みが存在する。AIチャットボット「スナック よしこ」は、身近な関係だからこそ言えない悩みをAIチャットボットに相談できるサービス。スナックのママという日々多くの人の話しを聞き、時にはアドバイスをくれる今の時代に求められる温かみのあるコミュニケーションをチャットボットで実現したという。青山商事では、総インタビュー時間50時間を費やし、ママたちの聞き上手さや悩みに対するアドバイスを収録。それらの情報を空色で解析・ビックデータ化し、いつでも、どこでも、ママたちの優しさや温かさを感じることができるAIチャットボット「スナックよしこ」を開発したとのことだ。

■AIチャットボット「スナックよしこ」

AIチャットボット「スナックよしこ」は、ユーザーが相談した悩みに対して、よしこママが自動回答してくれるチャットボット。相談内容は例えば、「仕事を辞めようかな」「上司が任せてくれない」「ビジネス用語がわからない」など、まさにスナックのワンシーンのように気軽に相談できるという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「チャットボット」に関する記事

「チャットボット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「チャットボット」の記事

次に読みたい「チャットボット」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク