マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?
拡大する(全2枚)

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。

ざっくりまとめ

-「モデルベース開発」をいち早く導入できたのは、マツダが「貧乏」だったから。「モデルベース開発」は同じ努力を繰り返さないための手法
-「CASE」が重要視される今、これまでの「売って終わり」というビジネスモデルは通用しなくなる
-自動化とシェアリングの技術で、地方に住む高齢者の生活をサポートできる可能性も
-巨大テック企業との競争を制するためには、自分たちの強みを活かしながら、ビジネスモデルを柔軟に考え、変革していくことが必要

今や自動車業界では当たり前の「モデルベース開発」をリードできたのは、「貧乏」だったから

——自動車業界のデジタルシフトというと、シミュレーションモデルを用いて開発を効率化する「モデルベース開発」が注目を集めています。御社は、これを業界に先駆けて導入したと伺いました。

モデルベース開発はずいぶん前からこじんまりとやっていたようですが、組織的にもっと力を入れて拡大しようと号令をかけたのは、2007年とか2008年あたりだったように思います。その先駆けとして部門を上げて数値解析(CAE)強化に取り組んだのが2004年なので、もう15年も前のことですね。時代を先取りしていたというよりも、「貧乏ゆえにそうするしかなかった」というのが正直なところです。人もお金も不足するなかで、新しい技術を想像したり、開発プロセスを効率化したりするには、CAEを用いた開発へとシフトするしかなかった。とにかく、よく考えないですぐにフィジカルなものに頼る開発から脱却したかったのです。

この記事の画像

「マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?」の画像1 「マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?」の画像2

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク