【ECプロフェッショナル直伝】ポストコロナ時代のD2C・EC戦略の秘訣

【ECプロフェッショナル直伝】ポストコロナ時代のD2C・EC戦略の秘訣
拡大する(全5枚)

『2025年、人は「買い物」をしなくなる』や『買い物ゼロ秒時代の未来地図』といった刺激的な著作が話題を呼んだ、株式会社いつも 取締役副社長である望月 智之氏。ポストコロナの世界で人々の「買い物」という体験は、どのように変容していくのか。そのなかでメーカーは、どのように商品開発に取り組んでいけばいいのか。日本企業は何をベンチマークとして販売のデジタルシフトを進めていけばいいのか。そんなECの未来について、株式会社オプトでメーカーのEC事業支援に携わるECチャネル戦略部部長の山岡 真士氏が、望月氏に鋭く切り込みます。

ざっくりまとめ

- EC化率はEC市場の実態を示す指標にはなり得ない? 日本という市場の特殊性を鑑みるべき。

- まずはモール型ECの攻略に注力すべし。コモディティ化していないユニークなプロダクトであれば、Instagramやクラウドファンディングなど「発見型」の販売チャネルも有効。

- ECの成功のためには「よりよいものづくり」が必要。D2Cも、本質的には商品開発のための施策と捉えるべき。

- リアル店舗は、単なる売り場ではなく、「買い物」という体験そのものの価値を提供する場に。

- ECのさらなる進化のためには、組織体制の見直しも重要。目指すのは部署の垣根にとらわれないボーダレスな組織。

EC化率の向上とデジタルシフトの実現は、イコールとは限らない

山岡:株式会社オプトの山岡と申します。本日は何卒よろしくお願い申し上げます。ECチャネル戦略部という部署で、メーカーのEC事業支援を推進しております。私自身、同部署の部長として日夜ECチャネルの販売最適化に取り組んでいますので、本日は望月さんとお話できることを楽しみにしてきました。まずは簡単に、自己紹介をお願いできますか?

この記事の画像

「【ECプロフェッショナル直伝】ポストコロナ時代のD2C・EC戦略の秘訣」の画像1 「【ECプロフェッショナル直伝】ポストコロナ時代のD2C・EC戦略の秘訣」の画像2 「【ECプロフェッショナル直伝】ポストコロナ時代のD2C・EC戦略の秘訣」の画像3 「【ECプロフェッショナル直伝】ポストコロナ時代のD2C・EC戦略の秘訣」の画像4
「【ECプロフェッショナル直伝】ポストコロナ時代のD2C・EC戦略の秘訣」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク