PayPayとPayPayカード、PayPayアプリ上で完結する支払い方式「PayPayあと払い」の提供を開始
拡大する(全1枚)
プレスリリース (46987)

PayPay株式会社とPayPayカード株式会社は、2022年2月1日より、「PayPay」アプリ上で、当月利用した金額を翌月まとめて支払える「PayPayあと払い」の提供を開始すると発表した。なお、「PayPayあと払い」のミニアプリからの登録手続きが完了すると「PayPayカード」のバーチャルカードが利用可能になる。

さらに、「PayPayあと払い」と同時に「PayPayカード」のプラスチック製カードを発行し、「PayPayカード」または「PayPayあと払い」を3回以上利用すると、新規入会特典として最大7,000円、さらに2022年2月1日(火)から2022年3月31日(木)までの期間は、最大10,000円相当のPayPayボーナスが贈られる。

■「PayPayあと払い」の特徴

「PayPayあと払い」は、当月に利用した金額を翌月まとめて支払える「PayPay」の支払い手段だ。事前にPayPay残高へチャージすることなく「PayPay」での支払いに利用できる。18歳以上(高校生除く)で、利用規約に同意し、本人確認など所定の申込手続きおよび審査が完了した場合のみ利用できる。なお、PayPayで本人確認が完了していれば、「PayPayあと払い」の申し込みにおける情報入力の手間が削減される。「PayPayあと払い(一括のみ)」は一括払いのみだったが、「PayPayあと払い」は支払い後にリボ払いへの変更が可能となる。