凸版印刷、 複数の異種ロボットを一元制御するデジタルツイン・ソリューション「TransBots」を開発

凸版印刷、 複数の異種ロボットを一元制御するデジタルツイン・ソリューション「TransBots」を開発
拡大する(全2枚)

凸版印刷株式会社は、Virtual Reality(VR)技術とComputer Vision(CV)技術を活用し、複数の異なる種類のサービスロボットを一元管理・制御するデジタルツイン・ソリューション「TransBots(トランスボッツ)」を開発したと発表した。

本ソリューションでは、実際の展示会や会場等の実空間と、それを再現したVR空間をリアルタイムに連動し、複数ロボットの一元管理・協調制御を行う。今回、本ソリューションが、2021年9月(愛知)と10月(福島)に開催される「World Robot Summit 2020」(以下、WRS2020)内で行われる「World Robot Challenge」(競技会場)のロボット遠隔参加システムとして採用。競技会場内を複数の「テレプレゼンスロボット」を走行させ、各ロボットが撮影した競技会場の様子をライブ映像として「WRS VIRTUAL」に配信するとのことだ。
凸版印刷、 複数の異種ロボットを一元制御するデジタルツイン・...の画像はこちら >>

via プレスリリース

■開発の背景と狙い

近年の人口減少や超高齢社会を背景に、労働力不足を補うロボットへの期待が高まっている。特に、介護サービスを必要とする高齢者の増加に対し、人材の不足が課題となっている介護業界や、過疎化が進む地方や離島における医師や看護師の不足などにおいて、遠隔操作が可能なロボットを活用した対策が検討されている。

また、昨今では新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、人の移動を制限する、人との接触や対面を避けるなど、ビジネスや生活のスタイルが大きく変化する中、非接触のコミュニケーションツールの活用が急速に進んでいる。近年、加速するデジタル社会では、AIや

この記事の画像

「凸版印刷、 複数の異種ロボットを一元制御するデジタルツイン・ソリューション「TransBots」を開発」の画像1 「凸版印刷、 複数の異種ロボットを一元制御するデジタルツイン・ソリューション「TransBots」を開発」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ロボット」に関する記事

「ロボット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ロボット」の記事

次に読みたい「ロボット」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク