日本ブロックチェーン協会とガイアックス、次世代のブロックチェーン業界を担う人材を発掘するワークショップを開催へ
拡大する(全1枚)
プレスリリース (54598)

一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(以下、JBA)は、株式会社ガイアックスと共催で、JBA理事からブロックチェーンを知識ゼロからでも1日で学べる「JBA Blockchain Bootup Day」と、次世代のブロックチェーン業界を担う人材を発掘する、一週間のワークショップ「JBA Blockchain Bootcamp 2022 Summer ~あなたのアイデアでブロックチェーンのトップに挑む1週間~」を開催すると発表した。

昨夏、今春に開催され好評を得たBlockchain Bootcampに引き続き、JBAの理事による講演は今回も実施する。株式会社 bitFlyer Blockchain 代表取締役の加納裕三氏、株式会社フィナンシェ 代表取締役CEO/ファウンダーの國光宏尚氏、Stake Technologies Pte Ltd. 創業者の渡辺創太氏、そして、株式会社ガイアックスより開発部部長の峯荒夢氏が講師を務める。JBAではブロックチェーンを国家戦略にというスローガンを掲げ取り組み、2022年6月7日閣議決定された、「経済財政運営と改革の基本方針2022について」においては、「ブロックチェーン技術を基盤とするNFTやDAOの利用等のWeb3.0の推進に向けた環境整備の検討を進める。」と記載され、Web3.0が国家戦略として位置付けられた。国会ではスタートアップフレンドリーな税制を目指した改革の議論もなされている。JBAとして、本イベントを通じ、学びのイベントであるBootup Dayで裾野を広げ、アウトプットのイベントであるBootcampでアイデアを育て、次世代のブロックチェーン業界を担う人材の育成を行うとのことだ。