滝藤賢一&広瀬アリスがW主演を務める『探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第2話が、4月21日に放送される。

滝藤が演じるのは、犯罪防御率100%の史上最速の早すぎる探偵・千曲川光。広瀬は、再び巨額の遺産を継ぐことになる十川一華を演じる。さらに、スーパー家政婦・橋田政子(水野美紀)が加わり、3人のテンポのある掛け合いは前作以上で、一瞬たりとも目が離せない、痛快コメディ・ミステリーとなっている。

前回第1話は、千曲川光(滝藤)の前に、仕事の依頼をしたいという女性・美津山秋菜(宮崎美子)が現れる。美津山財閥の会長である秋菜は、先日、乗っていた車のブレーキが何者かによって細工されていたことが原因で交通事故に遭い、危うく命を落とすところだったと語る。その裏には、美津山家の遺産相続問題が絡んでいて……というストーリーが展開された。

<第2話あらすじ>
美津山財閥の財産を受け取ることになった十川一華(広瀬)。彼女は、財産目当ての美津山家の兄妹達から命を狙われ、千曲川光(滝藤)が再びボディガードを務めることに。一華は、またしても千曲川に付きまとわれるのかと橋田政子(水野)に不満をぶつける。橋田は、そんな一華を涼しい顔でたしなめる。千曲川は、朝から晩まで一華の周辺に出没する。予測不能な千曲川の行動に、一華は振り回されるばかり。

一華は、同僚の大谷和馬(塩野瑛久)、中村真央(新條由芽)とともに美津山宗介(萩原利久)が営むバーに飲みに行く。帰り際、大谷が一華に、タクシーで一緒に帰らないかと声をかける。恋をしたい一華にとって、大谷は気になる存在。真央は気を利かせ、一華が大谷と2人きりになるチャンスを作ろうとする。一華は、大谷の誘いを受けようとするが……。