山崎紘菜北乃きいがW主演を務めるドラマ『汝の名』(テレビ東京系、毎週火曜24:30~)の第4話が、4月26日に放送される。

同ドラマの原作は、「輪(RINKAI)廻」で第7回松本清張賞を受賞した明野照葉の同名作で、ひた隠しにされている女の感情の「負」が惜しげもなく散りばめられた新感覚ホラーサスペンス。

先週の第3話で麻生陶子(山崎)は、壱岐亮介(EXILENAOTO、EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)から口説かれ驚くも、まんざらでもない様子で……。SNS上では、亮介の“御曹司キャラ”に、ネット上では「浮世離れ感が凄い」「私もこんな風にデートのお迎えに来て欲しい」などと反響が上がっていた。

<第4話あらすじ>
ホテルグループ経営の御曹司・壱岐亮介(EXILENAOTO)とのデート後、麻生陶子(山崎)は帰宅したところを伊庭久二(植木祥平)に襲われる。伊庭は、自分を騙して家族を崩壊させた陶子に復讐しようとしていた。間一髪のところで亮介が現れ、伊庭を追い払う。怪我をした陶子を亮介が手当てしていると、陶子の妹・久恵(北乃)が帰宅する。

初対面の亮介に、陶子の妹だと自己紹介する久恵。しかし亮介が去ると、陶子は久恵を平手打ちし、妹のふりをするなと叫ぶ。

実は陶子と久恵は姉妹ではなく、高校の同級生だった。亮介とは“麻生陶子”ではなく本名の“三上里矢子”として向き合いたいという陶子。高校生のころから陶子に心酔していた久恵は、陶子のことを理解しているのは自分だけと思っていて……。

また、以前道端で倒れていたところを久恵に助けられた松谷継子(茅島成美)は、貯金が抜き取られているのではないかと久恵を疑うようになり……。