道枝駿佑(なにわ男子)が主演を務める日曜ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系、毎週22:30~)の第2話が、5月8日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、1995年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた、謎解きミステリードラマの金字塔。およそ8年ぶりとなる新シリーズは、日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築。シリーズ史上最大のスケールで贈る、これぞ“金田一少年”の決定版といえる内容となっている。

8年ぶりの新シリーズということで注目を浴びた本作は、第1話放送中「金田一」「放課後の魔術師」など『金田一少年の事件簿』関連のワードがTwitterのトレンド上位を独占。金田一一役の道枝についても「新鮮」「じっちゃんの名にかけてキター!」「事件になるとクッと表情が凛々しくなるのが金田一らしい」という感想が。原作を手掛ける天樹征丸も「当たり役でした!」とコメントしていた。

第2、3話は2週連続で「聖恋島殺人事件」が放送。「金田一少年の事件簿Rシリーズ」(講談社)の人気エピソードで、ドラマ化されるのは今回が初となる。一、七瀬美雪(上白石萌歌)、佐木竜太(岩崎大昇)は、警視庁捜査一課の警部・剣持勇(沢村一樹)が行くフィッシングツアーに参加することになり、海の怪物「セイレーン」の哭き声が響き渡る孤島・聖恋島を訪れる。