木村拓哉が主演を務める『未来への10カウント』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第3話が、4月28日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、これまでに『HERO』『CHANGE』(ともにフジテレビ系)で木村とタッグを組んだ福田靖のオリジナル脚本。生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾(木村)が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く。

前回放送された第2話で、「部活動の指導は本校の教員が行うものとする」という規定により、校長・大場麻琴(内田有紀)からコーチを辞めるよう迫られた桐沢だったが、実は公民の教員免許を持っていることが判明。桐沢は、十数年ぶりに教壇に立つことになったが、生徒たちが授業内容を理解していないと分かると、黒板に“ねぎま”の絵を描き始め……。ネット上では、この桐沢の授業に「素敵でした」「分かりやすい」「教えてもらいたい」「すごい展開」とのコメントがあがっていた。

第3話では、新たな問題が発生。第1話の放送直後からSNS上でも「何かを見つめる時の目力がやばい」「何か闇がありそう」と、大きな注目を集めていた山田杏奈演じる唯一の女子部員・水野あかりが、ボクシング部を辞めると言い出す。

そんな彼女の危機に、桐沢が立ち上がる。あかりのことを心配する桐沢は、非常勤講師であることを理由に、生徒のプライベートな問題には関わらないよう、学校サイドからくぎを刺され、悩んだ末ある行動に出る。異色の経歴を持ち、網膜剝離でボクシングを断念、さらには最愛の妻(