5月6日(金)にスタートする金曜8時のドラマ『嫌われ監察官 音無一六』(テレビ東京系、毎週金曜20:00※初回2時間スペシャル)のオンライン会見が開催され、小日向文世遠藤憲一古川雄輝小野武彦が登壇した。

2013年に第1弾が放送され、全6回のスペシャルを経て連続ドラマ化される本作。どんなに嫌われようとも監察官としての自分の信念と正義を貫く音無一六(小日向)の活躍を描く。

監察官でありながら捜査にも介入し、鋭い“観察眼”と“閃き”で、これまで難解な事件を解決へと導いてきた“音無一六”を演じる小日向。連ドラ化される今の気持ちを聞かれ、「いよいよ連ドラとして、これからオンエアされるんだなというのを今ヒシヒシと感じています。2時間ドラマを9年越しでやってきて、まさか連ドラになるとは思ってなかったので、嬉しい気持ちでいっぱいです」と感慨深い様子であいさつ。

一六の弟でタクシー運転手・万丈二六役を演じる遠藤は、「若い時は刑事ドラマの犯人役、年をとってからは刑事役をいっぱいもらってきましたけど、刑事ドラマでただのタクシー運転手の役をもらうことはなかったので、斬新なキャスティングだなと思い喜んでお受けさせていただきました。何年か経ち、連ドラになり、嬉しい限りです」と口にし、「先輩の小日向さんの背中を見ながら頑張っています」とニッコリ。

連ドラから初登場し、一六の新たな相棒・四堂厘太郎役を演じる古川は、「今回、僕だけが新キャラクターとしてシリーズに参加させていただけるのを嬉しく思っています」と歓喜。元署長で今は居酒屋「みつる」の店主・二宮満役の小野は「僕は今年80歳ですが、主役の小日向くんとは40歳の時に初めて知り合って、人生の半分が経ちました。楽しくやらせていただいています」と感慨深い様子で語った。