『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)が、5月11日に放送される。

同番組は、世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵、大島美幸(森三中)、そしてこの日は飯尾和樹(ずん)、狩野英孝、大島てるも出演する。

安い家賃であるがゆえ、一部には絶大な支持を得ている「ワケあり物件」。しかし、契約時に知らされずトラブルになることも多い。さらに昨年、事故物件の告知ガイドラインが制定され、特に“心理的瑕疵(かし)”物件の見極めが難しくなった。そこで、ワケあり物件の見抜き方を徹底調査。狩野とミスター事故物件・大島てるが、物件のどこが“ワケあり”なのか、推理対決をする。

最初に訪れたのは、神奈川県川崎市にある、築約50年の一軒家。「死体がここで放置されて……」と推理する狩野。対する大島てるも「ここにロープひっかけて……」と恐ろしい発言。

2軒目は東京都国分寺市の一軒家。狩野は謎の黒いシミを発見すると、自信に満ちた推理を展開。しかし上階へあがると、目を疑う光景が広がっていた。さらに奥へ進むと「うわっ! マジかよ」と声を失う狩野。一方の大島てるは「じっくり嗅ぎたくない」と、スタッフが気が付かない独特のニオイを感知。果たして、推理対決の行方は――!?

濃厚な味、とろけるビジュアルで人々を魅了する“チーズ”。チーズが伸びる姿はSNSに投稿され、世の女子の心を鷲掴みに。チーズの伸び具合をアピールする飲食店もあるが、どのくらい伸びるのか測った人はいないはず。そこでチーズの伸びに絶対の自信を持つ4店舗で、番組が“特製チーズ伸ばしメーター”で長さを測定し、公式記録を認定。公式判定員となるのは、ずん・飯尾。