木村拓哉が主演を務める『未来への10カウント』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~※この日は拡大スペシャル)の第4話が、5月12日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、これまでに『HERO』『CHANGE』(ともにフジテレビ系)で木村とタッグを組んだ福田靖のオリジナル脚本。生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾(木村)が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツドラマ

前回放送された第4話では、桐沢&松葉台高校ボクシング部が念願のインターハイ予選に出場。桐沢が部長・伊庭海斗(高橋海人)に熱いボクシング&恋愛指導を繰り広げる一方、桐沢自身にも顧問・折原葵(満島ひかり)との間に恋の予感が到来するなど、次々と訪れる胸アツ展開に視聴者も没入。放送時には「#未来への10カウント」がTwitterの世界トレンド1位に輝くなどの盛り上がりをみせた。

そんな中、第5話では、またも怒涛の新ラウンドが開幕! なんと、視聴者の間でも日に日に待望論が高まっていた村上虹郎が、満を持して初登場を果たす。しかも、村上演じる転校生・西条桃介は弱小・松葉台高校ボクシング部のエース候補にして、とことん部をかき乱す超問題児という強烈キャラ。圧倒的なボクシングの実力を誇る一方、「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩く西条が入部したことで、部内には不穏な空気が流れ、ついには部員たちが練習をボイコットする事態にまで発展してしまう。