ももいろクローバーZ(百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏高城れに)と鈴木ゆうかが、5月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される『ナンバMG5』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話にゲスト出演。ももクロはレディース「横浜魔苦須(マックス)」のメンバーを、鈴木は「横浜魔苦須」の二代目総長・牧野弥生を演じる。

小沢としおの「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化した本ドラマは、筋金入りのヤンキー一家・難破(なんば)家の次男・剛(つよし/間宮祥太朗)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという、高校“逆”デビュー物語。

鈴木が演じる弥生は、ヤンキーをやめたい剛と同じ白百合高校に通う1年生。2年生に進級した剛が副部長を務める美術部に入部し、一見真面目そうに見えたのだが……。ある日、ひょんなことから、特攻服を着た剛が、横浜のレディース「横浜魔苦須」のメンバー(ももいろクローバーZ)を、神奈川最強のヤンキーチーム「ケルベロス」から助ける。「横浜魔苦須」のメンバーは、ケンカの強い剛を師と仰ぎ「特服先生、アタイらを強くしてほしい」と懇願する。

しかし「横浜魔苦須」のメンバーは、「ケルベロス」は1か月後に少年院から出てくる“キング”を連れてまたやってくるだろうと恐れていた。“キング”の狙いは、「横浜魔苦須」の二代目総長の弥生だったのだ。剛は、白百合の後輩の弥生が裏ではレディースの総長を張っていると知り、“ある行動”に出る。