5月21日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25~)では、動画やアートなどのデジタル資産“NFT”を活用した新たなファンビジネスを特集。スポーツ界でも活発化するNFTにまつわる取り組みを紹介した。

NFTとは、最新技術によって唯一無二のものだと証明されている改ざんが難しいデジタルデータのこと。本物と偽物が一目でわかる上に、データの所有者が明確になることもあり、プレミア的な価値を持つデジタルアートや音楽データなどが次々と誕生しているという。

そんなNFTを日本のスポーツ界でいち早く取り入れたのがプロ野球だった。埼玉西武ライオンズでは、コロナ禍の動員制限によって収益が減少したことを受け、新たなファンビジネスの形を模索。昨年9月には埼玉西武ライオンズ専用のNFTサイト「ライオンズコレクション」を開設し、NFTビジネスに踏み出している。

サイトでは、試合ごとのスタメンボードムービーやヒーローサインムービーなどをNFTとして販売。昨年引退した松坂大輔のメモリアルムービーは、直筆サイン色紙とのセットが30万円で落札されたのだとか。サインなどの現物とのセット販売については、埼玉西武ライオンズ事業部部長の後藤広樹が「注目度の高い商品とNFTコンテンツをくっつけて販売することで、まずは手に取ってもらい、知ってもらうところからのスタートです」と説明。新たなファンビジネスとして、今は定着を目指している段階であることを語った。