木村拓哉が主演を務める『未来への10カウント』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~※この日は拡大スペシャル)の第7話が、5月26日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、これまでに『HERO』『CHANGE』(ともにフジテレビ系)で木村とタッグを組んだ福田靖のオリジナル脚本。生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾(木村)が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツドラマ

前回第6話では、桐沢が宿敵である強豪・京明高校との練習試合に出場するメンバーを決めるため、なんと部員一人ひとりを相手に連続スパーリングを敢行。「自分で勝手に限界を作るな!」という桐沢の魂のメッセージ、さらに、部員たちが超絶ハードなスパーリングに音を上げる中、限界を超え立ち上がった弱小部員・友部陸(佐久本宝)が桐沢を倒し、練習試合への出場権を手に入れた雄姿に、視聴者も興奮。SNS上でも「桐沢がどんどん魅力的になってる」「無制限スパーリング。およそ20分近くに及ぶ戦いはかなりハイレベルな攻防戦。面白い。面白いぞ!」「ボクシングのシーン、本当によかった。みんな真剣、本気だってことがよくわかった!!」「スパーリングシーンは見入ってしまって、全然ツイートできませんでした」「連続スパーリングシーンは圧巻だった。まさに呼吸するのも忘れるくらい……」といった声が次々と投稿された。