広瀬アリスが主演を務めるドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第8話が、6月6日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、恋に本気になれない6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。27歳のこじらせ女子・桜沢純(広瀬)が、“来る者拒まず去る者追わず”の刹那恋愛主義イケメン男子・長峰柊磨(松村北斗SixTONES)と出会うことで物語が動き出す。

先週放送された第7話は、純と柊磨のキスシーンが話題に。ネット上では柊磨を演じる松村に対して「輪郭と喉仏が美しい」「悶絶」「目の保養」​​とのコメントがあった。

<第8話あらすじ>
店をリニューアルオープンして一発逆転を狙った桜沢純(広瀬)の作戦が功を奏し、サリューには客足が戻ってくる。長峰柊磨(松村)が店を買い取る条件として、オーナーで父の次郎(小市慢太郎)が提示した売上目標も、達成まであと少しに迫る。そんなある日、純が同僚とサリューへランチを食べに行くと、店では柊磨の母・真弓(斉藤由貴)がホール係として働いていた。柊磨は本人の希望と人件費節約のためだというが、真弓はどう見ても足手まとい。再び店の評判が落ちることを危惧した純は、柊磨に「やめさせたほうがいい」と忠告するが、それが原因で2人の間には不穏な空気が漂い始める。

幼い頃から苦しめられ、縁を切るほど母親をいみ嫌っている純は、真弓を決して見捨てようとしない柊磨に複雑な思いを抱くが、会社の先輩・坂入拓人(