道枝駿佑(なにわ男子)が主演を務める日曜ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系、毎週22:30~)の第6話「File5 金田一少年の殺人」が、6月5日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、1995年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた、謎解きミステリードラマの金字塔。およそ8年ぶりとなる新シリーズは、日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築。シリーズ史上最大のスケールで贈る、これぞ“金田一少年”の決定版といえる内容となっている。

前回第5話「File4トイレの花子さん殺人事件」では、トイレに花子さんの幽霊が出ると噂される廃病院で肝試しを行うことになった金田一一(道枝)たち。そこでも殺人事件が起きてしまうのだが、SNS上では、肝試しではビビりまくるが、推理は真剣そのものの一の姿に「ヘタレ具合がいい!」「三枚目ぶりがおもしろい」「謎解きの時はさすがのカッコ良さ」「ギャップが最高だった」などの声が上がっていた。

<第6話「File5 金田一少年の殺人」あらすじ>
有名ノンフィクション作家の橘五柳(勝矢)のパーティーで、隠してある新作原稿のありかを導く暗号問題が出された。原稿には、とある出席者の犯罪が実名で暴かれているといい、手に入れられれば大ヒット間違いないと、パーティーの参加者達(渡辺大、戸塚祥太、山西惇、宮澤エマ、今井隆文、ゆきぽよ)は必死になる。