ベッキーが、10月14日に放送される『サバンナ高橋の、サウナの神さま』(TOKYO MX、隔週土曜17:55~)に出演する。

同番組は、芸能界随一のサウナ好きとして知られる高橋茂雄(サバンナ)が、毎回迎えるゲストとともにサウナに入り、心身ともに“ととのった”ところで、人生の“ととのった”瞬間=「人生のターニングポイント」を聞くサウナトーク番組。
“ととのった”状態でのトークがそうさせるのか、他ではなかなか聞くことができないゲストの本音を引き出していく。

今回は、TOKYO MX初出演となるベッキーがゲスト。番組のロケ以外ではほとんどサウナには入った事がないというベッキーだったが、たっぷり汗を流した後には「最高!」との言葉も。またサウナ内では、家庭でのパワーバランスについても触れ、「断然、私でしょうね!」と告白。夫のことを立てつつも、しっかりと手のひらで転がしているそう。

サウナで心と体が“ととのった”後は、本音トークで人生の“ととのった”瞬間に迫る。
子供の頃は実家では、犬、猫、サル、ヘビ、ピラニア……など沢山の動物を飼っていたが、そこにはアフリカ育ちの父親の「色んな生態の動物と接することで、優しさを学んでほしい」という教育的理由があったことも明らかに。

さらに「3歳からバラエティタレントに憧れていた」というベッキーを紐解くため、番組は小学校の卒業文集を入手。その中身を大公開! 思わず突っ込みたくなるような“ボケ”やキャラ設定が明らかに!?

全盛期には、レギュラー番組10本、CM契約本数トップで、年間の休日が8日しかなかったそう。しかし「働けば働くほど名前を知ってもらえる!」「日本で一番忙しい20代でいたかった」と、楽しみながら仕事をしていたと語る。しかし、産休などの休みを経てここ2~3年、収録で上手くいかない事も多く、落ち込んだりしていたことを告白。次第にバラエティ番組に出演することが辛くなり、「バラエティ卒業しちゃおう!」という心境にまでなったと言う。


そんな時に手を差し伸べてくれたのが、バラエティ界の同志ともいえる若槻千夏だった。若槻からの熱いエールを受け、「私がやってきた芸能生活、頑張れている部分があったんだ。認めてくれる人がいるんだ」と「人生“ととのい”、目が覚めました!」と宣言。果たして、若槻がベッキーを再起動させた熱いメッセージとは?

<ベッキー コメント>
ただただ楽しかったです! 高橋さんが“お仕事で”トークをしているのではなく、本当に気になることを聞いてくださったり、楽しそうにリアクション取ってくださったり、心でコミュニケーションを取ってくださるので嬉しかったです! 自分のことだけをこんなに長時間お話しすることもないので、小っ恥ずかしい気持ちもありましたが、ありがたい時間でした! 高橋さん、最高! 見どころは、サウナがある素晴らしい銭湯さんが登場することです! あとは、ずーーーーーーっと楽しく喋っていたので、後半に向かうにつれて、私の声が枯れていきます。乞うご期待!(笑)。

なお、現在TVerでは、奥菜恵や元TBSテレビアナウンサー国山ハセンのゲスト回も配信中だ。