村上淳と森カンナが11月14日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される吉岡里帆主演の火ドラ★イレブン『時をかけるな、恋人たち』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)の第6話に出演する。2人は常盤廻(吉岡里帆)の両親の若かりし頃を演じる。


本作は、時間SFを得意とするヨーロッパ企画・上田誠のオリジナル脚本。令和の時代を生きる“辻褄合わせ”が大得意な主人公・常盤廻と未来からやってきたタイムパトロール隊員・井浦翔(永山瑛太)がタイムパトロール隊のメンバーとして、違法に時をかけてくる恋人たちを取り締まりながら、自らも時空を超えた本気の恋をするタイムパトロール・ラブコメディ。現在TVerでは、第1話が配信中。

先週放送された第5話で廻と翔は、バス事故で亡くなった妻(安藤裕子)に会いたい一心で未来からやってきた初老の男性(今野浩喜)を取り締まるが……。

第6話からは、ついに、廻と翔の“恋の超展開”が本格化。いわば『トキコイ』第二章とも言える“恋の逃避行編”がスタートする。
廻と翔が、禁断の駆け落ち先として恋の逃避行に向かうのは、1980年代。廻が生まれる前なら歴史に干渉しないはず……ということで40年前の過去に向かうも、そこで結婚前の廻の両親に出会ってしまう。両親の馴れ初めの真相と、廻のルーツが明らかになる。村上は廻の父親・常盤卓を、森は廻の母親・常盤凪を演じる。

さらに、第6話から伊藤万理華が演じるパトロール隊のメンバー・天野りおんが大活躍。伊藤は「いよいよ、廻と翔が起こす大きな事件を止めに行きます! ずっと感情を表に出していなかった天野が、2人のめちゃくちゃな行動にかき乱されて、どんどん新しい一面を引き出されていきます。
6話は天野の人間味も出てくるので、ずっとあの無表情のままではなかったという意味ではすごく安心しました(笑)。ほとんどパトロール基地にいたので、外での掛け合いは新鮮でした。天野推しの方は必見かもしれないです! 6話から全体的なムードが変わります。加速していく2人の本当の逃避行というか、“あ! 時をかけるって、そういうことか!”と、いろいろなものが繋がっていくのでほんとに一つひとつ見逃せないです。見逃してしまったら、最後に“ああっ!”とならないので、細部までの表情や行動も見ていただきたいです!」とコメントを寄せた。

<村上淳 コメント>
――吉岡里帆さん演じる主人公・廻の父親、常盤卓を演じられての感想をお願いします。


吉岡さんのお父さん役というのが素直に嬉しかったです。鶴瓶師匠か僕かということです。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

現場の雰囲気にずいぶんと助けられたほどとても“いい空気感”でしたし、これからのエンターテインメントを築いていくであろう若い技術者たち(スタッフ)が多かったのですが、非常に頼もしかったです。

――共演者とのエピソードなど、お願いします!

一方的にかもしれませんが、瑛太くんにはシンパシーのような尊敬のような気持ちがあるのですね。ふとした時間に瑛太くんと2人でふらりとコンビニにいきました。その間の映画についての会話は今でも胸に残っています。


――奥さん役の森カンナさんの印象、共演されていかがでしたか?

奥さん役の森さんには僕のお芝居が脱線しかけたときにホンの世界に引き戻していただいたので感謝していますし、この現場は“縁が縁を呼ぶ”という(共演経験ありとか)不思議なご縁が多く重なった現場だったのですね。森さんとも違う作品でご一緒したこともあり、すんなりと夫婦として写ったのではないかと思います。

――子供がタイムトラベルをして、両親の恋の馴れ初めを見てしまう! という内容ですが、もし、ご自身の身に降りかかったら?

もし虹郎くんが当時の馴れ初めを……想像すると恥ずかしいものですね。

――撮影現場で「村上さんと瑛太さんが似ている!」と話題になっていました。村上さん自身は、どのように思われますか?

ある種の“シンパシー”のようなものが、少し腑に落ちた部分は僕自身も確かにありました。瑛太くんがいかに役を構築するのかとか。
それとキャメラがまわって“突発的”ななにかをしてしまう性質のようなものですか。ホンに書かれているキャラクターから逸脱してしまうかもしれないギリギリをトライしてみたくなる感じも言われてみたら“似ている”部分なのかもしれません。

――最後に、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

監督・スタッフ・キャスト全部署が、より良いものを視聴者にお届けするんだという気持ちで創りあげたのは間違いなく。あとは視聴者の皆さまが好きに楽しんでいただけたら幸いです。補足・トキコイに出れて良かったです。

<森カンナ コメント>
――吉岡里帆さん演じる主人公・廻の母親、常盤凪を演じられての感想をお願いします。


私は吉岡里帆さん演じる廻の母親、常盤凪を演じました。元々、上田誠さんが主宰するヨーロッパ企画の舞台『サマータイムマシンブルース』が大好きで何度か観に行かせて頂いていたので、上田さんの描く、過去、現在、未来の世界に入れてとても嬉しかったです。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか? 

和気あいあいと色々なアイディアが飛び交っていて、刺激的な現場でした!

――共演者とのエピソードなど、お願いします!

吉岡さんは初共演ではじめましてだったのですが、とてもチャーミングな方で、5歳しか年齢は変わらないのですが本当の娘みたいに思えてきて可愛いな~とじっとり見つめていました(照)。瑛太さんも初共演だったのですが、絶妙な表情のリアクションだったり台詞回しが本当に面白くて、一緒にお芝居をしていてとても刺激的で瑛太さんワールドに引き込まれました。

――夫役の村上淳さんの印象、共演されていかがでしたか?

村上さんはカットごとに毎回違うことをされたりとても自由な方なので(笑)、やっていてとても楽しいのですが、気を抜くことができないので要注意人物です!

――子供がタイムトラベルをして、両親の恋の馴れ初めを見てしまう! という内容ですが、もし、ご自身の身に降りかかったら?

聞いていた話と違う! とか、自分の想像していた両親よりこうだった。とかが色々あって面白そうですが、見ない方がいいことの方が多い気がするので、遠慮しておきます。近づかない!

――最後に、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

自分のご先祖様達の行動の何かが違ったら自分は存在していない。その連続で自分が誕生していて今がある。そんな奇跡に思いを馳せながら、楽しんで見ていただけたらなと思います。

<第6話あらすじ>
タイムパトロールの任期終了の瞬間が迫るなか、常盤廻(吉岡)は井浦翔(永山)との駆け落ちを決意。2人で暮らすための作戦を練ろうとタイムボードに飛び乗り、廻が生まれる前の1983年に向かう。40年前の海にたどり着いた2人は、夏を楽しむ若者の雰囲気にのまれ、ついつい80年代を満喫して大はしゃぎ。するとそこへ、「恋の逃避行ってなんなんですか!」と天野りおん(伊藤)が怒鳴り込んでくる。聞けば、廻と翔には心当たりのない書き置きが残されていたと言い、天野はほかの隊員たちに知られる前に、2023年に帰ろうと促す。しかし、探していた答えをまだ見つけられない廻と翔は帰るわけにいかない。2人が天野と押し問答を続けていると、突然、浜辺をうろついていたナンパ男が声をかけてくる。廻には、その顔に見覚えがあり……。

男の正体は、廻の父・卓(村上)だった。すでに両親が恋人同士だったことを知る廻は、父の軽薄な行動にショックを受け、さらに、この日こそが2人の結婚の決め手となる運命の日だと気づく。しかし、肝心の卓は天野に恋心を抱き、3人がいる民宿にまで押しかけてくる始末。そのうえ、若き日の母・凪(森)も海に来てしまう。卓の浮気を凪が知れば、2人は破局して廻がこの世に産まれてくることはない――。廻と翔の焦りがピークに達したそのとき、凪の前に思わぬ人物が現れる。