鈴鹿央士さんが主演、山本舞香さんがヒロインを務めるドラマ24『闇バイト家族』(テレ東、毎週金曜24:12~)が1月5日よりスタートします。

「闇バイト」事件をテーマに、人生を踏み外した5人の老若男女がニセ家族を演じながら、人生の再起を図る痛快エンターテインメント。
鈴鹿さんは逃げてばかり、言い訳ばかりのダメ長男・田中颯斗、山本さんは口が悪いワケありな長女・久保美咲を演じます。

本作で初共演のおふたりに、ドラマへの意気込みやお互いの印象についてインタビュー。タイプが違うおふたりならではの、絶妙な掛け合いをお届けします。

みんなが面白いアドリブを連発!?「不安4割、楽しみ6割(笑)」

――「闇バイト」事件がテーマということで、かなり尖った企画なのかなと感じます。

鈴鹿:僕も「闇バイト」を取り扱うと聞いて、「放送できるのかな」とちょっと思いました。でも撮影しながら、「闇バイト」に行き着く、その一歩手前で何かを考えるきっかけになる作品になるかもしれないな、と感じました。
ドラマでエンタメとして描くからこそ伝わるものもあるのかなと思っています。

山本:そうそうたる先輩方とご一緒させていただいて、光石(研)さんはぶっ飛んでいますし、麻生(祐未)さんはトゲのある台詞もかわいらしく言えてしまう。家族ごっこをする赤の他人5人の人間関係や一人ひとりの心の闇が描かれて、最後は一つになるのかバットエンドになるのか。私達たちもまだわからないんですけど、現場で作っていく作業がすごく楽しいです。

――演じる役柄についても聞かせてください。

鈴鹿:田中颯斗はいろんなものから逃げて逃げて、今は闇バイトをやっていますが、台本を読めば読むほど、ちょっと自分に近いところもあるかもなと感じています。
同じ境遇ではないけれど、僕はちょっとゆっくりしたいなぁと思うことがあり、その考えも逃げは逃げなので。でも、颯斗の逃げは自分を守るための逃げだったりもするので、寄り添ってあげたいなと感じました。

――鈴鹿さんは大活躍で、まったく逃げているようには見えません。

鈴鹿:それは、見せちゃいけないのかなと思っています(笑)。

山本:でも、しんどいことはあるよね(笑)。美咲は、本当の笑顔を見せないんです。
心を開いていなくて、みんなとちょっと距離を置いているので、ここから美咲がどうみんなと一つになっていくのかも、見どころかなと思います。

――役を演じる上で、心がけていることを教えてください。

鈴鹿:「颯斗はコメディにもまっすぐにも、どっちにも振れるキャラだよね」と衣装合わせの段階からずっと話していたんですが、「他の家族の方々がどう出てくるか本当にわからないから、現場で作っていきましょう」というところに行き着きました。まだ数日の撮影ですけど、みなさん本当に面白いアドリブを連発していて、「どうしようかな」って。すごく幸せな悩みなんですけどね。

山本:怖いよね(笑)。


鈴鹿:怖いですね(苦笑)。でも、それをちゃんと受け止められる準備だけはしておこうと思っています。(アドリブに対して)今は不安4割、楽しみ6割くらいです。

山本:ほぼ半分だね(笑)。私は「唾を飛ばしてくれ」とか、監督から想像もしなかったことを言われたりするので、そこで“美咲ってこうなんだ”と受け取ったりもしています。現場では、もうすごい化学反応が起きているんですよ。
先輩方の芝居もそうだし、鈴鹿くんの芝居もそうだし。私はまだ距離を取っているので、「すごいなこれ」と思いながら見ています。100%と言っていいほど、絶対に面白い作品になると思います。

――おふたりは初共演ですが、共演前の印象から変化はありますか?

鈴鹿:共演する前は「嘘なく物事を伝えられる方なのかな」って、そのまっすぐさが羨ましくもあり、素敵だなと思っていました。今も「嘘なく」というイメージは変わらないんですけど、現場がどういう状況なのか全体が見えている方で、みんなが現場に居やすくなるような存在だと思うので、すごく頼りにさせていただいています。

山本:すごく嬉しいです。
鈴鹿くんは「静かそうな子だな」と思っていたんですけど、実際にお会いしたときにもやっぱり静かで(笑)。

鈴鹿:(笑)。

山本:でも、人見知りなのに現場ですごく気を遣ってくださるんです。極寒の相模湖で撮影していたときに、紙コップで粉末のコーンポタージュ、わかめスープ、コンソメスープにお湯を入れて、1人ずつ「選んでください」と渡してくださって、すごく優しい方だなと。座長として、現場を見てしっかりと気遣いをしてくれる方だなと思いました。

――ドラマでは「闇バイト」というキャラクターの裏の顔が描かれますが、おふたりがお互いに対して「実はこういう一面もあるんじゃないか」と疑っていることはありますか?

山本:鈴鹿くんは、プライベートではもっと陽気なんじゃないかなと思っています。現場では静かなイメージなんですけど、たまに見せる仕草だったり、カメラを向けられたときの反応だったりが面白かったりするので、陰キャっぽく見せて、実は陽キャなのかなって(笑)。

鈴鹿:僕、めちゃめちゃ陽キャです……と言っておきます(笑)。山本さんはすごく華奢でスレンダーなので、しっかりと体型管理をされている印象を受けるけど、実は食べることが好きで、たくさん食べる方なんじゃないかなと思っています。僕もそうなんですけど、「お腹すいたね」とよく話しているので。

山本:いっつもお腹空いてるもんね(笑)。実際、結構食べますよ。1日食事を抑えただけで、「鍛えた?」って言われる体に戻るんです。

鈴鹿:すごい!

山本:朝から食べなければお腹は出ないので、鍛えてはいないんです。ジムに行ったりもしないですし、休みは家にいるか、ドライブするか。歩くことすらしないです(笑)。

――それはすごく意外です。鈴鹿さんは駆け出しの時代に焼肉屋さんでアルバイトをしていたそうですが、ほかにアルバイト経験はありますか?

鈴鹿:ファーストフードのレジとか、デリバリーで自転車を漕いだりしました。高校はバイトができなかったので、上京してからバイトを始めて。デリバリーと焼肉屋は並行していました。

――アルバイトをする中で、印象的だったエピソードはありますか?

鈴鹿:何個もあるんですけど、焼肉屋さんのアルバイトは基本が皿洗いだったので、結構グラスとかを割っちゃったりして……。

山本:でも、今回のドラマでもそういうシーンあるよね?(笑)。

鈴鹿:ありますね(笑)。

――もし今アルバイトをするとしたら、どんな仕事がしたいですか?

鈴鹿:新聞配達です。早起きするのは大変だけど、街も静かなので、ふだんと違う街を見られるのはいいなと思います。僕は接客業が苦手で、レジでもよく「え? え?」と聞き返されていたんです(笑)。なので、誰かと向き合う仕事よりは、1人で作業するアルバイトのほうが向いていると思います。

――山本さんはいかがですか?

山本:アルバイトとなると難しいですけど、動物保護施設をやるのが夢なので、動物に関われる仕事をしたいなと思います。獣医さんにはなれなくても、ワンちゃんとか動物のケアをする仕事だったり、トリマーとか、ドッグフードを作ったりする仕事をしてみたいです。

――接客業には向いていそうですか?

山本:私は接客業、うまいと思いますよ(笑)。みんなが仲良くなるようにつなぐのが得意なので。でも、今美咲役をやっているからか、全然その気持ちになれないんです。撮影現場ではスイッチが入るとうわーっと喋るけど、急に静かになる、みたいな。でも、今回はそれでいいのかなと思っています。現場の盛り上げ隊長として、鈴鹿くんがどうにかしてくれるんじゃないかなと(笑)。

鈴鹿央士&山本舞香の知られざる特技は…

――現場ではどんなお話を?

山本:みんな体調の話をしていますよね。

鈴鹿:「インフルエンザが流行っている」とか、近所の集会所みたいな話をしています。

山本:そうそう。◯◯区は区民税が高いから、◯◯区に引っ越したほうがいい、とか(笑)。まだ撮影4日目なので、本当にこれからなんです。

――颯斗は“逃げること”が得意ですが、おふたりに知られざる特技はありますか?

鈴鹿:僕は、くしゃみをするためにティッシュを細くするやつあるじゃないですか。

山本:こより?

鈴鹿:そうそう。こよりを細くするのが得意です。小学生のときに、すごく流行ったんですよね(※ティッシュでこよりを製作して披露)。

山本:いや、みんなそのくらい細く作れない?(笑)。私は、空手とソフトボールをやっていたので、体を動かすのは得意です。あまり知られていない特技でいうと、犬を懐かせるのがうまいです!

――最後に、お互いに「自分はこういうタイプなので、ここは支えてほしい」と伝えておきたいことはありますか?

鈴鹿:僕、本当はもっとみなさんと喋りたいんです。やっぱり5人の家族の話なので、できれば話に入れてもらえたらいいなと。結局、僕はどうせ喋らないんですけどね。それでも5人みんなで話せたらいいなと思うので……って、それは「自分で入って行けよ」という話ですよね(笑)。

山本:解決しちゃった(笑)。私は、黙っていると「機嫌が悪いんじゃないか」と思われがちなんです。でも全然そんなことはないので、みんなで仲良くできたらいいなと思っています。あとは効率よく、楽しく、いいものが作れたら最高ですよね。年齢層も幅広いので、早く終わる現場になればいいなと思います(笑)。

鈴鹿:たしかに。ロケも多いですからね。

山本:そう、寒いから。あと、私は低血圧で朝は元気がないんですけど、昼過ぎになれば元気になります。

――鈴鹿さんは、朝からずっとテンションを保っていられるタイプですか?

鈴鹿:いや、朝は目が開きません(笑)。

山本:今朝、目が開いてなかったよね。寝癖もすごかったし(笑)。

鈴鹿:そうだった(笑)。朝から現場を盛り上げられるように頑張ります!
(取材・文・撮影:nakamura omame)

<第1話あらすじ>
とある閑静な住宅街の一軒家。そこにはそれぞれの事情で、同じ闇バイトに応募した5人が空き巣に入ろうと右往左往していた。見るからに慣れていない素人窃盗集団は、目当ての金庫を開けようとするもあと一歩のところで失敗……。危機一髪逃げようとするが、なんと今度は人を轢いてしまう!? 5人は翌日、ひき逃げをネタに脅迫され「闇バイト家族」として空き巣、運び屋、受け子……次から次へ闇バイトを繰り返すことに。