あの、TVerのCMソング&ナレーションを担当!

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、12月10日(金)から2022年1月31日(月)まで「TVerフェス!WINTER2021」を開催。そのプロモーションの一環として、歌手・女優・モデルとして幅広く活躍するあのが、CMソングとナレーションに挑んだ。

あのと言えば、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画「『ラヴィット!』の女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すれば、レギュラーメンバーより笑い取れる説」に参加し、その時の出演回がネット上でも「神回!」と話題を集めた。

そしてこのほど、CM収録後のあののコメントが到着。CMソングとナレーションを務めた感想に加え、『ラヴィット!』と『水曜日のダウンタウン』に出演した時の様子についても語っている。


<あのコメント>

――CM収録を終えての感想を教えてください。

どんどん文字が(台詞が)増えていって面白かったです。こういう仕事が初めてだったので、楽しかったです。

――特に頑張ったところや気を付けたところは?

(TVerの)“T”に力を入れました。

――CMソングは、冬の童謡の替え歌でTVerをアピールする内容でした。歌ってみていかがでしたか?

“あ~もうこんな季節か~”って(笑)。『冬のソナタ』の気分で歌いました。

――CMの注目ポイントは?

キー設定ですかね。最初もうちょっとキーが高くて、テンションも高めのガイドだったんですけど、「自分のテンションで(やらせてください)」って、下げてもらったので、みんなもお家で口ずさめるテンションになったと思います。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TVerプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「CM」に関する記事

「CM」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「CM」の記事

次に読みたい「CM」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク