米倉涼子、卓球・伊藤美誠選手の言葉に涙

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系、10月14日スタート、毎週木曜21:00~)の制作発表会見が行われ、米倉を筆頭に、野村萬斎、内田有紀勝村政信今田美桜岸部一徳遠藤憲一西田敏行、そして『ドクターX』の生みの親である脚本家・中園ミホが登壇した。

100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台の第7シリーズ。最新作では、内科部長・蜂須賀隆太郎(萬斎)が舵を取り、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭。フリーランス外科医・大門未知子(米倉)、そして別棟の分院へ追いやられた外科と、真っ向から対立していく。

前作の第6シリーズから2年――。久々に白衣+赤いミニワンピという未知子スタイルで、会見場に颯爽と現れた米倉。気がつけば『ドクターX』も今年で通算10周年目に突入ということで、思いもひとしおのよう。「そのぶん年も取ったし、今は腕と肩が腱鞘炎になってオペのシーンで大変な思いもしていますが(笑)、そういうことも含めて『ドクターX』と共に自分の人生の歴史をひとつ作れたな、と。ありがたい気持ちでいっぱいです」と、愛情に満ちた表情で10年を振り返った。

もちろん、最新作に向けての意気込みも十分。米倉は「2年ぶり、しかもコロナ禍で『ドクターX』をどんな思いで始めていくか、かなり話し合わせていただいた」と明かし、「皆さんに心強いメッセージをお届けできると思うので、ぜひご覧いただきたいです」と力を込めた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

米倉涼子のプロフィールを見る
テレビドガッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「米倉涼子」に関する記事

「米倉涼子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「米倉涼子」の記事

次に読みたい「米倉涼子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク