人生に影響を与えたテレビ番組を軸に、出演作品の話題からその人のパーソナルな部分にも迫るインタビュー連載「PERSON~人生を変えたテレビ番組」vol.39は、ジャニーズWEST小瀧望さんが主演を務めるオシドラサタデー『鹿楓堂よついろ日和』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)に、永江ときたか役で出演している葉山奨之さんが登場します。

2011年デビューと中学生の頃から俳優として活動している現在26歳の葉山さんは、これまで、『連続テレビ小説 まれ』『僕たちがやりました』、映画『太陽の子』など、数多くの話題作に出演。主演からバイプレイヤーまでをこなす注目の若手俳優です。

『鹿楓堂~』は、アニメ化もされて大ヒットした同名漫画を実写化。古民家風の和風喫茶店を舞台に、料理担当のときたか(葉山)、お茶担当のスイ(小瀧)、スイーツ担当の椿(なにわ男子大西流星)、珈琲担当のぐれ(佐伯大地)が、悩みや傷を負ってやってくる人々をお出迎え。彼らなりのやり方で、お客さんの心とお腹を満たしていきます。

あらすじを聞くだけで土曜の夜が楽しみになる、魅惑の着物男子と極上グルメが登場する“癒し系飯テロドラマ”で、“中身がおじいいちゃん”と言われるときたかは、どこまでもおっとり。葉山さんは、そんな彼の役割をどう捉えているのでしょうか。本作の魅力はもちろん、葉山さん自身のお話を交えつつお伺いしました。

――“中身がおじいちゃん”で趣味の多いときたかですが、葉山さんご自身がそれらの趣味に影響を受けることはありますか?