松本潤が主演を務める木曜ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第7話が、3月17日に放送される。

思いやりと人間愛だけは人一倍、だけど何をしても中途半端で半人前=中腰な男、中越チカラ(松本)が、同じマンションに住む住人たちの悩みを解決し、やがてそのマンションがひとつのコミュニティとなって強い繋がりを持っていく姿を描く社会派ホームドラマ。

前回第6話で、木次学(小澤征悦)のDV・モラハラ問題に立ち向かうことになったチカラ。住人とともに、学の妻・達代(映美くらら)と娘・好美(古川凛)に暴力をふるわないよう、逐一様子を見るなどして対策し、身を隠していた2人だったが、結局見つかってしまう。チカラは、学から何度も殴られるが屈さず、“親”や“躾”について説いていく。SNS上では、松本の演技に「ゾワッとした」「目の表情にゾクゾク」といった声があがっていた。

第7話では、とうとうチカラの妻で中越家の大黒柱・灯(上戸彩)が家出をしてしまう。「これ以上、チカラくんといたくないの」という悲しい言葉とともに家を出てしまった灯。夫も子供たちも置いて実家に帰ってしまった灯の気持ちが全くわからず、途方に暮れてしまう。灯の実家がある浜松まで出向き、話し合おうとするも、ますます灯の怒りを買ってしまい、いよいよ離婚の危機!? さらには荒んだ生活に耐えきれず、子供たちまで灯の実家へと出ていってしまう。