鈴木伸之が主演、犬飼貴丈が共演するプラチナイト モクドラF『ケイ×ヤク―あぶない相棒―』(読売テレビ日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第7話が、2月24日に放送される。

ドラマは、「堅物な公安捜査官」と「ミステリアスなヤクザ」による“禁断のバディ”が繰り広げる物語。2人は協力し合う関係を周囲から隠すために偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密捜査で追ううちに、次第に巨大な陰謀へと巻き込まれていく。

公安捜査官・国下一狼(鈴木)とヤクザの若頭・英獅郎(犬飼)が繰り広げる秘密捜査もいよいよ佳境に入ってきた。第7話からは、物語終盤の重要な鍵を握る人物として、平田満が登場。平田演じる男性が、一狼と獅郎の追う20年前のビル爆破事件に関わっていた痕跡が見えてくる。2人の過去、そして現在の事件に絡むビル爆破事件の全貌を明らかにする秘密捜査が、物語の終盤に向けて一気に加速する。

そして、事件の真相を探るために動く獅郎から溢れ出る色気が止まらない! 峰上組の兄貴分である中村雄司(松本利夫)に対して、「いいか? お前は今日から俺の兄貴じゃない、俺の犬だ」と言い放つ犬飼のゾクゾクするほどサディスティックな表情は必見だ。

<第7話あらすじ>
国下一狼(鈴木)と英獅郎(犬飼)は、野々村和彦(眞島秀和)を東京テトラビル爆破事件の犯人に仕立て上げたのは誰なのか、調べ始める。獅郎と莉音(