賀来賢人“音羽”、炎上間近のエレベーターで究極の選択を迫られる!

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第5話が、8月1日に放送される。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く。

救命救急チーム“TOKYO MER”のメンバーは、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)の7人。

先週放送された第4話では、トンネルの天井が崩落する事故が発生。移植手術のための心臓を運搬中の医師・小山希望(高橋ユウ)が巻き込まれる……というストーリーが展開。喜多見や高輪千晶(仲里依紗)らによる命のリレーにネット上では、「気付けば無言で見入ってる」「涙ボロボロ」「死ぬほど泣いた」「涙止まんない」「最高すぎて一瞬で終わった」「毎話最終回やん」「最後まで胸アツだった」などの声が上がっていた。

<第5話あらすじ>
喜多見幸太(鈴木)の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せたエレベーターが火災により急停止! 乗り合わせた音羽尚(賀来)と大物政治家・天沼夕源(桂文珍)と共に閉じ込められてしまう。煙が充満し酸欠状態のエレベーターで妊婦の容態が急変!

出動したTOKYO MERには、政治家・天沼の救出を優先するよう命令が下る。炎上間近のエレベーターで音羽に迫られる究極の選択……。母子の命を救うため、喜多見が下した決断とは!? TOKYO MERのメンバーたちが決死の救出劇に挑む!

当時の記事を読む

賀来賢人のプロフィールを見る
テレビドガッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「賀来賢人」に関する記事

「賀来賢人」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「賀来賢人」の記事

次に読みたい「賀来賢人」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク