大原優乃、母役・菊池桃子の第一声に感激「お母さんだ」『真夜中にハロー!』

ハロー!プロジェクトのメンバー55人が総出演する木ドラ24『真夜中にハロー!』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)が1月13日からスタート。ゲストハウス「サンプラザ朝沼」にやってくる悩みを持った宿泊客が、突然現れたハロプロメンバーたちのパフォーマンスによって、背中を押され一歩を踏む出す姿が描かれます。

そんな「サンプラザ朝沼」を運営しているのが、菊池桃子さん演じるハロプロの熱狂的ファンでマイペースな主人公・マリコと、大原優乃さん演じるしっかり者の娘・ミサキ。初共演となるお二人に、それぞれの役どころやお互いの印象、作品の魅力などについて存分に語っていただきました。

――オファーを受けたときのご感想は?

菊池:台本を読んだとき、とても心が温まって、もしこんなゲストハウスが本当にあるのならば、私は絶対に泊まりに行きたいなという気持ちになりました。作品から出ている温かさのようなものを感じ、私もその一部になれたら嬉しいと思いました。

大原:ホームコメディなのですが、お母さんと私が演じる娘の凸凹な感じがすごく新鮮だと思いました。ゲストハウスに訪れた方の悩みや葛藤を、お母さんが背中を押すような形で応援するのですが「明日も頑張ろう」と思える感じがして、とても惹かれました。

――それぞれが演じる役についてどんな印象を持ちましたか?

菊池:一見、天然で明るいお母さんなのですが、この年齢になるまでには人生いろいろあったんだろうと想像させるような部分も感じました。だからこそ、ゲストハウスに訪れるお客さまを優しく迎えることができるんだと腑に落ちる部分が多かったです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

大原優乃のプロフィールを見る
TVerプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大原優乃」に関する記事

「大原優乃」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大原優乃」の記事

次に読みたい「大原優乃」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク