寺島進が主演を務める金曜8時のドラマ『駐在刑事 Season3』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~※初回は2時間スペシャル)のオンライン会見がこのほど行われ、寺島をはじめ、北村有起哉、佐藤寛太(別の場所からリモート参加)、市毛良枝、藤井美菜が参加。スペシャルドラマから連続ドラマと長きに渡ってシリーズ化されている本作だが、共演者たちがそれぞれの変化について語り合った。

本作は、緑豊かな奥多摩を舞台に、人情とユーモアあふれる人々が織りなす人間物語と、謎が謎を呼ぶ殺人事件が融合されたヒューマンサスペンスドラマ。2014年にスペシャルドラマからはじまり、その後連続ドラマ化された人気シリーズ。

かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事だったが、現在は奥多摩で“駐在さん”と親しまれている江波敦史を演じる寺島は「2時間スペシャルから始まって約10年、作品を見続けてくれたファンがいたからこそ、ここまで続けてくることができました」と感謝を述べると「レギュラーキャストやスタッフなどすべての人に支えてもらっています」としみじみ語る。

寺島の言葉通り、チームワークの良さが作品に滲み出ているようなシリーズに、今シーズンから参戦するのが藤井演じる警視庁捜査二課の和泉玲香。藤井は「拝見していたドラマだったので、参加できて純粋に嬉しかった」と笑顔を見せるが、作品ではこれまでのパワーバランスが崩れるような立ち位置の役柄だったため「いいスパイスになればいいなと思いつつも、すごく大きなプレッシャーでした」と胸の内を明かす。そんな藤井に周囲はとても優しく接してくれたようで「とても包容力のあるスタッフさんとキャストの方々のおかげで、スッと作品に入ることができました」と感謝する。