脚本家戻して!『コード・ブルー』映画化も、ネットでは心配の声続出

脚本家戻して!『コード・ブルー』映画化も、ネットでは心配の声続出
出典:フジテレビ「コード・ブルー」公式サイト

2017年9月18日に今期の月9ドラマ『コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』の最終話が放送された。

『コード・ブルー』は、救急医療センターを舞台に、ドクターヘリに携わる医師が奮闘する姿を描いた医療ドラマ。医師として山下智久(32)、新垣結衣(29)、戸田恵梨香(29)、比嘉愛実(31)、浅利陽介(30)ら、新人医師として有岡大貴(26)、成田凌(23)らが出演。

今年7月から昨日まで放送された第3シリーズの平均視聴率は14.8%で、月9枠のドラマとして7作ぶりに2桁台を記録。最終回の視聴率は、自己最高の16.4%で有終の美を飾った。(ビデオリサーチ調べ)

最終話の放送後には、2018年に映画化されることが発表された。

ドラマ『コード・ブルー』の最終話と映画化決定に、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。


◆『コード・ブルー』は好きだけど……詰め込みすぎ?

ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている。

「この5人を見るのが最後なのが寂しい!!」
「前作からすきで見てたけど、ビックリするぐらい御都合主義者内容だった」
「詰め込みすぎて中身が薄くなっている気がした」
「やっぱりキャラが変わってしまったことが最後まで気になった」
「脚本がいかに大事かよく分かったドラマでした」

さすがの人気ドラマ。最終話の放送前から実況スレッドがたって、コメント数がかなり伸びていた。しかし、注目度とは裏腹に、感想をよくよく見ると、最終話が詰め込みすぎのご都合主義だったというコメントが目立った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山下智久 Instagram
  2. 山下智久 twitter
  3. 山下智久 ドラマ
山下智久のプロフィールを見る
DOKUJOの記事をもっと見る 2017年9月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山下智久 + ドラマ」のおすすめ記事

「山下智久 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「山下智久 + 映画」のおすすめ記事

「山下智久 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「木村拓哉」のニュース

次に読みたい関連記事「木村拓哉」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら