清泉女子大学人文科学研究所が5月16日に公開シンポジウム「文学における〈死と救済〉--東アジアの怪異の視点から--」を開催

清泉女子大学人文科学研究所は5月16日(土)に公開シンポジウム「文学における〈死と救済〉--東アジアの怪異の視点から--」を開催する。これは、韓国の高麗大学校民族文化研究院と共同で実施するもの。「死」と「救済」という人類にとって普遍的な問題について、「怪異」という視点から、韓国と日本の文化の対比を試みる。どなたでも参加可能、事前申し込み不要。


 誰しも避けることのできない「死」、それを受け入れるための思想としての「救済」は、人類の普遍的な問題である。
 このシンポジウムでは、「怪異」という視点から、「死」と「救済」の韓国と日本の文化の対比を行う。東アジアの文学において、「死」はどのように語られ、「救済」はどのように描かれるのか。両国の共通点、相違点を探ることで、それぞれの文化における「怪異」の位置づけを考えていく。

◆清泉女子大学人文科学研究所・高麗大学校民族文化研究院 共催
 文学における〈死と救済〉--東アジアの怪異の視点から--
【日 時】
 5月16日(土) 13:00~17:00 
【場 所】
 清泉女子大学 1号館 140教室
 アクセス:http://www.seisen-u.ac.jp/access/index.php
【パネラー】
 金基珩(高麗大学校 国語国文学科 教授)
 姜祥淳(高麗大学校 民族文化研究院 HK教授)
 金貞淑(檀國大学校 東洋学研究院 学術研究教授)

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月9日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。